<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「sweep! 」著者:天禅桃子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
色男・メガネ装備、素でタラシの大人な男・秋彦と出会ったメイ。調子のいい思わせぶりな言葉、与えられたキス――メイは動揺し惹かれていく――けど、本当に揺さぶられているのは、余裕なはずの秋彦の方!? 「俺はなんにも、汚れないよ」
若くてピュアで力強い恋心に、色男、陥落。繊細で優しい恋を描く人気作家のの初BBCv

結構、ベテラン作家さんなのに、BBCは初だそうです。
この前の作品といい、あちこちで描くようになったのかな?


web拍手 by FC2


なんちゅうか、無駄にエロいひとたちだ…。

フェロモンが出ているとか、色気があるとか他の言い様があるのかもしれないが、個人的には「エロい」という表現が一番合っているような気がする。

高校生のメイはひょうなことから年上の男・秋彦と知り合うのだけど、彼の意味深な態度に振り回されながらも惹かれていき…。
とまあ、話の展開的には年の差ものとしては珍しいものではないかもしれない。
もうこの話は物語全体に漂うエロさを満喫すればいい。
別にエッチシーンが多いわけではないよ。
そういうのはラストだけ。
でも、なんか表情がエロいのよ。
このカップルはお互いがお互いを振り回しているといいますか…。
秋彦は大人の男の経験値というか余裕でわざとメイを振り回し、そして、メイは対称的に計算なんかなく、なんていうか若さ故の衝動で行動し、秋彦を翻弄しているというか〜。
天然?
計算していない分、たまらないものがあるといいますか。
きっと、お互い相手にメロメロで振り回し、振り回され、仲良くやっていくのだろうなあ〜って感じ。
今後のことが心配なのは秋彦のほうなんじゃないかなあ?
どんどん成長していく姿をみれて嬉しくもあり、心配でもあり。
でもまあ、メイは真っ直ぐで迷いがないので、大丈夫だと思う。
描き下ろしの3年後を読んで確信したよ。
2010.06.15 Tuesday 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「恋をするには遠すぎて」著者:栗城偲 イラスト:小嶋ララ子 | main | 「言ノ葉ノ世界」著者:砂原糖子 イラスト:三池ろむこ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 00:17 | - | - |