<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「僕は天使ぢゃないよ。【文庫版】」著者:小野塚カホリ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「なあポチ。こいつらにケツ振ってみせな」
想い人は俺様主義。僕は隷属する犬。
その関係のままでいいと思っていた、けど違ったみたいで…。
鬼才・小野塚カホリがおくる、青い性を描き切るBL的必読書!!
表題作「僕は天使ぢゃないよ。」他、単行本未収録作品を加え、奇跡の問題作再び!!

『JUNE』作品の文庫化。
しかし、「青い性」って…。
すげえ表現と思いながらも、ああ納得ねと思ったり。


web拍手 by FC2

なんでまた、こうイタいというか、攻撃的というか〜。
読んでいる方が、心を抉られそうというか…。
これは全て「青い性」故なのか。
もう青いというか、若いというか、そんな理由でここまで破綻していいのか?
そのくせ『生日快楽』の感想でも書いたけれど、生々しいくせに妙に芝居がかっているというか〜。
快楽主義で将来のことなんか考えていないような登場人物が妙に文学的なことをいうから、芝居がかっているとか思うのかもしれない。
そして、やっぱりスカっとしたラストでなく、妙にムズムズ感が残るというか、不完全燃焼的なラストというか〜。
余韻?
なんていうか、10年以上前の作品だから、これもありかなあ〜とか思ったり。
ここ最近のテイストではないよね。
BLというよりはJUNEだし。
いや、個人的には好きですけど。
でも、改めて読むといろいろとえげつない。
BLを本格的に読みはじめたばかりのときに読んで、クラクラして放り投げたもの。
なんていうか、本当に攻撃的というか、尖っているというか〜。
鋭利なナイフでなく、鈍器で無理矢理抉られるというか。

これからもほかの作品が文庫になるのかしら?
実は小野塚作品ってBL以外の方が比率高いのだよね〜。
BL以外もいろいろイタいのだけど、BLは本当に容赦がないような。
いや、ピアス作品だけか?花音とかディアプラで出たのはマイルドだしなあ〜。
まあ、BLの一世代を代表する作家さんだとは思うよ。
今後の文庫に期待。
でも、小野塚さんの絵柄って、文庫の小さい画面でみるのはしんどいような〜。
2010.06.16 Wednesday 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「言ノ葉ノ世界」著者:砂原糖子 イラスト:三池ろむこ | main | 4年ごとに盛り上がる漫画なのか!? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:43 | - | - |