<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「キッズログ」1巻 著者:葉芝真己

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
人気作家・燈利が突然シングルファーザーに!? 元気な亮太とのふたり暮らしに、亮太が懐く保育士・祐司も同居することに…。

先月から本屋で『幸せはこんなカタチでやってくる』の文庫を見かける度にどうしようか悩む。
この頃は冬水社もちゃんとBL作品出していたのよね…。


web拍手 by FC2

雑誌での第1話のときの感想で、BL、BLとさんざん騒いだが、第7話まで進んだ現在…。

これってBL???

と思わないでもない…。
いや、第1話の時点から、その疑問はあった。
しかし、しかし、せっかくのBL雑誌での掲載という事実に水をさしてはイカン!!ファンとしては、祝ってやらねば…と必要以上にハイテンションで騒いでみたわけで…。
騒いでBL展開になるのなら、いくらでま騒いでやるわい!と思わないでもないが、別にこのまま、ほのぼの疑似家族ものでいいような…。
本来、疑似家族BLは子どもが鎹となって、攻めと受けが男夫婦となるわけで…。そして、もちろん夫婦である前に恋人でなければならないのだが…。
しかし、おそらく受けであろうなっちーに母としての強さなどはあるだろうが、妻としての色気が皆無と云っていいような〜。
この人たち、夫婦でなく家族になってしまっているよ…。
「うちの子になっちゃえば?」と鎹であるべき亮太が云っていたが、妻というより子ども?
昔、NHKで『フルハウス』ってアメリカのホームドラマしていたけど、ああいうノリに近いかも…。
まあ、面白ければいいや。
でも、今後なっちーに色気が出るかもしれないし…。
いや、もしかしたら父ちゃんのほうに色気が…。
なんか可能性的にはそちらのほうが高そうな気がしてきたよ(笑)

とにかく、恋愛方面にはあまり期待せず、ほのぼのホームドラマとして楽しんだほうがいいと思う…。

ああ、だけど、あべさんの作品はちゃんとBL展開になって貰いたい…。
どうも冬水社の作家さんはニアホモで終わってしまうのではと心配になる…。

2010.06.27 Sunday 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「美しく燃える森」著者:依田沙江美 | main | 「秘書育成中。」2巻 著者:サクラサクヤ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:17 | - | - |