<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「世界一初恋 ~小野寺律の場合~ 」4巻 著者:中村春菊

中村 春菊
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 588
(2010-07-01)

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
恋と仕事、どっちが大事?――そんなの「両方」に決まってるだろ?

出版社・丸川書店の少女漫画編集部に勤務する小野寺律(おのでらりつ)の職場は、「初恋の人」でもある編集長・高野政宗(たかのまさむね)が上司という最悪な環境。酔った勢いでうっかり高野と間違いを犯してしまったかもしれない…というのに、酒のせいで記憶が全くない律だったが、真実が分からないまま仕事は年末進行に入りバタバタに。そのうえ仕事がようやく落ち着いたと思ったら、クリスマスイブ当日、誕生日プレゼントはドライブデートでいいと高野に連れ出されてしまい…!?
俺様編集長×新米編集者が贈る、編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ☆ 王子様書店員×メンクイ編集者の「木佐翔太(きさしょうた)の場合」&描き下ろしも収録!

アニメ化するんだよね〜。
吉野千秋のほうもアニメになるの?
っていうか、小野寺はまだ恋に堕ちてないのだが…。


web拍手 by FC2


ここまでやっといて、恋に堕ちていないとはどういうこと?

じゃあ、あんたたちの関係ってなに?
セフレ?
それはそれで嫌だろう。
なら、さっさと認めてしまえよ…。

恋に堕ちるまであと209日なんだって…。
あと7か月も抗うのか?
強情だなあ。
でも、流されてやることやるなら、素直になった方がずっと楽しいと思うけど。
時間の無駄はやめましょう…。

読んでいる方もこのジレジレ感が楽しくもあるのだけど、それが毎回毎回だとイライラ感が増すような気がする。
ワンパターンにならないように、ジレジレと…。
結構、大変。
小野寺の婚約者とか出たけれど…。
雑誌の方で読んだけど、この婚約者はあまり同情できるタイプでないからなあ〜。
横澤のほうはちょっと気の毒なような気がする。
今は友人だけど、ずっと好きだった男の昔の恋人が出てきたら、そりゃあ心穏やかでないよなあ。
また、どうもお互いの想いに温度差があるような…。
高野もどうしてここまで小野寺に固執するのか?
横澤でもいいんじゃない?荒れていた時に側にいてくれたんだろ?とか思っちゃうよ。
まあ、そこらへんは追々解決?
なんせ、あと209日もあるらしいから…。

同時収録の木佐編はまたひどいところで続く…。
しかし、ホモだらけの編集部だなあ。
残り一人のあのトーン頭の編集もホモなのかしら?
ホモだらけの少女漫画雑誌編集部。
BL雑誌も出してみたら?

2010.07.03 Saturday 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「愛されすぎだというけれど」著者:中原一也 イラスト:奈良千春 | main | 「僕が一度死んだ日」著者:高岡ミズミ イラスト:穂波ゆきね >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 18:15 | - | - |