<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ドントクライ、ガール」著者:ヤマシタトモコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
親の不手際で知人宅に居候することになった悲劇の少女・たえ子。そしてピンポン鳴らすと真っ裸でドアを開けた裸族の男・升田。清純な女子高生相手に、裸でお出迎え…? まさに衝撃の初対面。たえ子が17年間積み上げてきた価値観が、グラグラと音を立てる。これって現実? わたし、今、正気? 泣いていても始まらない、爆笑青春ストーリー♪

今月だけで3冊新刊発売ですか〜。
とりあえず、連動サービスはないよね?
っていうか、非BLばかりだな。
とりあえず、カテゴリーはBLにしました。


web拍手 by FC2


3冊同月に発売はいいのですが、こう精力的にお仕事をしていると心配になる。
先日、中村明日美子さんがお仕事を休まれることを知った。
ああ、先日云々騒いだ呼び出し漫画は別に大相撲の不祥事と関係なく、作者の体調不良による休載だったようです。
良かった、良かった、って良かったのか!?

最近、あちこちでお仕事されていたからね〜。
無理がたたったのかな?
隔週とは言え、週刊誌連載となるとさらに大変だろうし…。
こういう、いろいろな雑誌でお仕事をされている漫画家さんをみかけると心配になる…。
好きな作家さんだと尚更。
いろいろな作品が読めて嬉しい反面、こんなに仕事して体の方は大丈夫なのか?って思ってしまう。
それこそ、20年以上前に高○ゆんがそういう状態で、突然仕事休んだからね〜。
もうそれがトラウマのように…。
読者の勝手な言い分だとは思う。
まあさあ、漫画家は人気商売ですからね〜。
一世を風靡した作家さんでも数年後は仕事がないとか現実にあるわけで〜。
知り合いの知り合いの女性漫画家さん(非BL)はその作品がドラマになるほど売れっ子だったのに、今は仕事があまりないらしい。
活字離れで雑誌が休刊、廃刊になっているのも仕事が激減している理由のひとつらしいよ。
ものすごいベテランさんならともかく、キャリアの浅い作家さんなら、仕事をえり好みもできないだろう。
依頼があるのを片っ端に引き受けて、しかし、体は一つ。
結局、体力的、精神的な方が追い付かず自滅…。
難しい問題だ…。
次々と新しい作家さんは出てくるわけだからね〜。のんびり休んでもいられないし…。
とりあえず、体をなおすことが先決だけどね。

で、私が最近とても心配なのが、このヤマシタトモコさん…。
この前も同じ月に2冊か3冊でたと思うが、今月もですか…。
以前から、ヤマシタさんはBLより青年誌で描いた方がいいのでは?と騒いでおりましたが、最近は非BLでも大活躍。いろいろな場で発表するのは喜ばしいことだけど…。
とりあえず、息切れしないように頑張ってほしい。

まあ、そんなわけで前置きが長くなったが、今回の作品について。
問題のある両親の不手際により、親の知人の家に住むことになった妙子。
17歳の女子高生が31歳の独身男性と同居。
ドキドキ一つ屋根の下!?とキュンが待っているかと思ったら…。
相手の男は裸族。
家にいる限り、ピザ屋が来ようと裸のまま。
料理するときは油が跳ねたら嫌なのでエプロン着用。
でも、もちろんエプロンの下は裸。もちろんパンツだってはかないさ。
裸エプロンだよ。裸エプロン!!
男のロマンだぜ♪

って、世の裸エプロン万歳の裸エプロン至上主義のひとたちに謝れ!!

17歳のまっさらな少女にとっては裸族の男は殺意の対象だろう。
こんな男と同居するのなら、それこそタラシの方がマシ?
いや、とりあえず身の安全は守られている。
しかし、心の安全はどうだ!?
そんな普通でない体験なんだけど…。
慣れって怖い…。
とりあえず、戸籍を汚す前によくよく考えてみましょう。
世の中、いろいろな人がいるのだから…。
もっと凄いひともいるだろうけど…。

しかし、カバーしたがキノコの絵ってどう解釈していいやら…。
2010.07.13 Tuesday 23:30 | comments(4) | trackbacks(0) | 
<< 「猫のためいき。」著者:朝丘戻。 イラスト:井上ナヲ | main | 「フットボールネーション」1巻 著者:大武ユキ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:30 | - | - | 
うすい (2010/07/20 6:57 PM)
お久しぶりです、こんばんわ。
いつも購読の参考にさせていただいてます〜。

某書店でヤマシタさんフェアやっていて、1話試し読みして、買ってしまいました。
今までのなかで一番好きかも(笑)
たえ子かわいいな〜。
全プレには両親のこと出てくるのかな。
本自体を切り抜くのに抵抗があるので、ちょっと考えます。
せめてカバー折り返し部分とかならいいのに。
はーこ (2010/07/21 12:39 AM)
うすいさん、こんばんは。ご無沙汰しています。

今月ヤマシタさんは3冊発売ですからね〜。今週残り1冊が出るのかな?
ヤマシタさんは非BLのほうが好きかもしれない。
しかし、全プレのために本を切るのは嫌ですよね〜。
帯とかに付けてほしいですよ。
出版社としては、不正防止や予算の関係とかあるのでしょうけどね。
かさぐも (2010/12/31 1:40 PM)
このマンガすごい2011で1位、2位奪取。

この10年間の結果が評価されました。
独自の発想を掘りさげてきたのがよかった。
反骨の気質あり。一人でがんばっちゃう人。
twitter見てるとわかるけど、感情の起伏も多いね。
って事が
http://www.birthday-energy.co.jp/ido_syukusaijitu.htm
に書いてあった。

やっぱり売れる漫画家はどこか宿命に特徴あるわ。
東村アキコ先生も特徴あるしね。

あ、上のサイトは、東洋史観を今風にして説明してるって。
分析方法の詳細は運命2011って本を読んで。
はーこ (2011/01/02 12:27 PM)
かさぐもさん、コメントありがとうございました。
ヤマシタトモコさんは己の世界を築いていますね。それが評価されたのでしょう。
2011年も活躍を期待したいです。