<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「うちの巫女、知りませんか?」著者:神奈木智 イラスト:穂波ゆきね

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
連続殺人事件がきっかけで晴れて恋人同士となった警視庁刑事・冬真と禰宜・葵。イケメン年下刑事とツンデレ禰宜の恋の行方は…。

ルチルさんは神奈木さんフェアでもしているのですか?
これで3か月連続文庫がでているよ。
そりゃあ、先月、先々月は、以前に書いた雑誌発表作品プラス書き下ろしだけどさあ〜。
でも、これはオール書き下ろしだし、来月も出るし。
別に全プレ小冊子とかはないみたいだけど。
ここまで、連続で発売するなら崎谷さんみたいに企画したらいいのに。
まあ、小冊子は作者の意欲によるのかもしれないけどさあ〜。


web拍手 by FC2


発売を知った時、ちょっと小躍りしたい気分だった。
密かに続編が出ることを期待していた『うち巫女』。
神奈木さんは絶対買いの作家さんではないけれど、このシリーズは前作がもの凄くハマったわけではないけれど、なんとなく好印象というか、主人公2人のやりとりとかにニヤニヤしてしまうというか。
いや、それはハマったといってもいいのか!?
とにかく、自分も受けの弟の双子と一緒に主人公2人をちゃかしたい気分になるというか〜。
いやあ〜、なんていうの?クラスのナイスカップルを囃し立てるクラスメートみたいな気分?

前回で想いを遂げた2人なのですが、今回も読んでいて気持ちがいいカップルなんだよね。
お互いの仕事や性格を尊重している大人のカップル。
だからといってドライな関係でもない。
攻めの麻績は日頃は冷静沈着な受けの葵が本音を曝け出せる相手でもある。
今回の事件はタイトル通りというか〜。
巫女さんがどこかにいったわけだよ。
大事な弟がいなくなって心配する葵。そんな葵を心配する麻績。
捜査が進展しないあまり、麻績を詰る葵。
こんな態度をとったら2人の仲が悪くなりそうだけど、これは麻績が唯一葵にとって甘えられる―素な態度で接することができる相手だってことなんだよね。
また、麻績は麻績で大事な相手の助けができないことがもどかしくて…。
事件は大変なんだけど、お互いがお互いの気持ちを尊重しあっていて、なおかつ相手を大切に想っていることがわかって良かったなあ。
本当に良いカップルだ。

しかし、しかしだなあ〜。
主人公も気になるが、もっと気になるのは禰宜さんでなく、上司さんなんだなあ〜。
麻績の先輩である矢吹と上司であるヅ腓気になるのだよ!!
前作でも気になる!!と叫んでいたのだが。
どうやら、やっぱり矢吹が結婚したのがいかんらしいよ!!
だいたいさあ、矢吹さんも気に食わない上司なら無視すればいいだけのくせにさあ〜。
なのに、突っかかるっていうのは〜。
またひょんなことで昔を思い出したり。
相手はキャリアなんだからと割り切ればいいのにね…。
それなのに、割り切れないのはどうしてか考えたらいいよ。
ということで、この2人のスピンオフ作品を〜。
麻績と葵は出来上がって安定しているから、っていうか、すでにバカップルと化しているので、次回は『うち上司』でいってほしいがどうなんだろうなあ〜?
とりあえず、作者がなんとかしたいと思っているなら、近いうちに読めるだろう。
期待したいと思います♪

2010.07.27 Tuesday 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「楢崎先生とまんじ君」2巻 著者:椹野道流 イラスト:草間さかえ | main | 「お稲荷さまのハニーバニー」1巻 著者:サクラサクヤ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:44 | - | - |