<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「法医学者と刑事の本音」著者:愁堂れな イラスト:高階佑

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
法医学者・冬城(ふゆき)の目下の悩みは、警視庁捜査一課の刑事・江夏(えなつ)の告白。無精髭の冴えない外見に反して仕事熱心な男――惹かれているのに素直になれず、「付き合え」という言葉もなかったフリで逢瀬を続けている。ところがある日、自宅付近で身元不明の他殺体が発見!! 現場で久々に会った江夏は、なぜか冬城と目も合わせようとしない。俺に惚れてたのは嘘だったのか…? 動揺する冬城だが!?


法医学者と刑事のシリーズの第2弾。
1冊目を読んだのが前の月だったので、まだ記憶が新しい。
愁堂さんって多作だからさ〜。
全部読んでいるわけではないけれど。



web拍手 by FC2

あら?
思ったよりも進んでいない。
最初のシーン。
ドライブ後に家にあがってもらうかどうか悩んでいるのは冬城のほうかと思っていたら、攻めの江夏のほうだった…。てっきり、押せ押せドンドンと口説いていくのかと思っていたら、家に来ないか?の一言も言えないヘタレぶり…。
ヘタレというよりチキン野郎?
まあ、江夏がイマイチ押せ押せモードになれないのも分からないでもない。
元カレとのいきさつを知っているからさあ。
嫌いで別れたわけでないのも知ってるからさあ。
でもなあ〜。
事件の捜査に関しては結構強引なところがあるのにさあ。
確かに男との恋愛は初めてだろうけど、今までそれなりに恋愛経験もあっただろうしさあ…。
だから、こんなに好きだ宣言をした後まで臆病だとは思わなかった。

法医学者と刑事の恋愛なので、もれなく事件がついてくる。
しかし、正直云って前作同様そちらのほうは大したことない。
というか、はっきり云ってショボい。
あくまでも主人公2人の関係がメインであって事件は添え物に過ぎないということなのだろうか…。
一応、2人の関係とシンクロはしているのだけどね〜。
事件の容疑者たちは、自分の気持ちを相手に伝えることができないが、相手のことを想ってる。
でも、上手く相手に伝わってなく誤解がうまれ…。
言葉にしないと伝わらないということはあるのだよね。
云わなくてもわかってくれるさって云うのは、思い上がりというものなのか?
確かに、そういうこともあるだろう。
でも、全てのことを100%解れっていうのは無理だろう。
人間は言葉が使える動物なのだから、言葉でも気持ちを伝えるように努力しないとね。
一方的に理解しろというのはエゴなんだろう。
というわけで、照れとかプライドとか不安などのいろいろな感情が入り乱れたゆえとはいえ、言葉を出し惜しみしたため纏まるものも纏まらなかった江夏と冬城。お互いの気持ちを確かめ合った今となっては笑い話のようなすれ違い。
まあ、纏まってヨカッタ、ヨカッタ。
当て馬にもなり損なったエリート新人は気の毒だったけどな。

さて、このシリーズはまだまだ続くようだ。
とりあえず恋愛面は落ち着いたので、次は事件面も充実してもらいたいが、どうなんだろう?
2010.09.06 Monday 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「シュガーコード」著者:夏目イサク | main | 「バロックの裔―無垢なまなざし」著者:和泉桂 イラスト:梨とりこ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:41 | - | - |