<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「逆視眼」2巻 著者:石原理

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
何も無かったフリなどできない その熱さに、溺れそうだ――
心理分析官の御樒は、刑事の青山とともに誘拐殺人事件の容疑者を標的にした連続殺人犯・通称『グリム』の捜査をするうちに自身の秘密――過去の出来事を見る『逆視』の能力を青山に打ち明ける。疑うことなく秘密を受け入れた青山と絆を深めつつも、大胆な彼の行動に戸惑う御樒……。そんな中、『グリム』事件が急展開をみせて――。待望の2巻、登場!描き下ろし付き♥

1巻を読んだときは、一体どれだけ長い話になるんだ?と思ったのだけどね〜。
全2巻なの?


web拍手 by FC2


これはどう考えても完結してないだろう…。
せいぜい、「第一部」もしくは「プロローグ」が完であって、『逆視眼』という物語は完結してないよ。
雑誌は立ち読みなのですが、次号予告とかで「最終回」とか「クライマックス」とかあったときは驚いたよ。
はあ?これをどうやって終わらすのさ?って気持ちでいっぱいだった。
コミックは大幅加筆修正していたらしく、まあいろいろなことが改めて分かりはした。
まあ、もともとこの話を立ち読みで理解しようというのが間違いなんだろうけどさあ。

でもさあ、どう考えても消化不良というかなんていうか〜。
あくまでも「グリム事件」の首謀者がわかっただけであり、その首謀者は逃亡したまんまだし。
来宮と須賀兄はいずこへ?
この人たちの関係も歪なままでさあ。
だいたい、どこに惹かれたのさあ?須賀兄…。
金鶏の力?
だいたい、八咫烏も全然出てこないし、なんかよく分からないまま終わってしまったよ。

来宮は捕まっていないし、大体、警察官である彼等が関わる事件は「グリム事件」なだけではない。
それこそ、逆視が鍵を握る事件も今後起こるだろう。
だからさあ、続けようと思ったら続けれるわけよ!!
ラブだってさあ、気持ちを確かめあったかもしれないけれど、もっとさあ〜。
青山は石原作品の攻めらしく、雄のフェロモンをプンプンさせてはいるけれど、もっとプンプンさせてほしいのよ。
御樒にだけプンプンと!!
つまりは閨においてというだけよ。
そして、御樒も青山にだけ壮絶な色気がある顔を見せてほしいのよ!!
事件においてもラブにおいても尻切れとんぼ。
そして、一癖も二癖もありそうな脇キャラも活躍しないまま。
続編出さないでどうするのさ!!ということだ。
あとがきによると、エピソードはまだまだあるようだ。
編集部様、お願いします!!ってことなのかね?
2010.09.10 Friday 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ノーウェア」著者:宮本佳野 | main | 麻生みこと新刊2冊 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:50 | - | - |