<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「勾留中のアステリアス」著者:うえだ真由 イラスト:あさとえいり

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
熱血検事の祐真(ゆうま)は二つ年上の恋人、陽希(ひなき)に夢中だった。無粋な眼鏡に隠された意外に整った素顔に一目惚れし、猛烈なアプローチをかけて口説き落としたのだ。陽希も、趣味のサボテンが最優先ではあるけれど、祐真の前では可愛い恋人だった。けれど仕事で思うようにいかないことがあったある日、祐真はサボテンにかまける陽希が気に入らず、強引に抱いてしまい……? 

エロ度150%増量♥ 法曹シリーズ最新作登場!

作家さん。それぞれに好きというか得意な分野があるのだが、うえださんは法曹界が好きだなあ〜としみじみ感じた。
今回は検事。
まあ、知識とかで書きやすいジャンルはあるよね。


web拍手 by FC2


あおりの「エロ度150%増量♥」って…。
この文庫は雑誌掲載の中編2作と文庫書き下ろしの短編1作で成り立っております。
で、表題作の中編は雑誌掲載時「ももいろヘヴン」のコーナーに掲載されていた。
雑誌の方を読んだことのない人のために簡単に説明すると、「ももいろヘヴン」とは、『小説ディアプラス』のなかでエロに特化した作品の掲載コーナーであった訳で。
といっても、所詮は『小説ディアプラス』のなかで、そして今回は「うえだ真由』作品にしては…というわけで〜。
比較対象が比較対象なので、エロに期待したらそうでもない。
というか、うえださんの作品でももっとエロいのがあるような〜。
検事ものなら、『執務室の秘密』のほうが背徳感があって、エロスを感じたような〜。
まあ、たびたび云ってるが「エロ」と「エロス」は似て非なるものだと思う。
なんていうか、「エロ」っていうと、やってる行為のみのことを指すような気がするが、「エロス」となると、行為だけでなく、醸し出す色気とか、背徳とかそういのを含めたもののような気がする。
で、今回はそれなりに行為のところは増量アップなので、「エロ」度増量はあっているのかもしれないが、「エロス」がなあ〜!!
攻めの祐真は仕事に対して真摯で、魅力ある男性だとは思うけれど、色気があるっていうことはないからなあ〜。
一目惚れした陽希にたいしても、押して押して押して押して…。
多少は押し具合に変化があったかもしれないけれど、引くことはなく押しの一手。
まっすぐな性格だということなんだろうけど…。
ただ、自分勝手とはちょっと違う。
押しの一手ではあったけれど、陽希の反応を伺いながらで、決して嫌がる相手に無体を図ったわけではない。
ただ、駆け引きなんかせずに自分に正直。
そして、仕事に対しても真摯で誠実。
結局、そういうところに受けの陽希は絆されたわけであり、また喜ぶ様子にキュンしてしまったわけだ。
亭主関白のようで、実は主導権は妻がもっているということで。
こういうカップルの方がうまくいくのだろう。

ところで、この作品は『ロマンスの黙秘権』と少々リンクしている。
『ロマンス〜』の攻めの准己が少々ゲスト出演。
別に『ロマンス〜』を読んでなくても差し障りはないけれど、読んでいたら、とある台詞にニヤリって思ってしまう。上手くいってるようで何よりだ。
司法修習の同期である攻め2人は他の同期生にいわせると似ているそうだ。
仕事のスタイル、事件に対する考え方は違うかもしれないが、好きな相手に振り回されているのは似ているかも。
好きな相手のために仕事場を変える准己と検事を辞めるつもりはないから移動になったら付いて来いという祐真だけど、やっぱり似ているよ。
恋人に頭が上がらないところが(笑)
どちらのカップルもお幸せに♪
2010.09.13 Monday 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 麻生みこと新刊2冊 | main | 「不器用なサイレント」3巻 著者:高永ひなこ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:44 | - | - |