<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「下がってお待ち下さい」著者:元ハルコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
人と接触するのが苦手な駅員の田中さんは、ひょんな事からサラリーマンの堂島さんにナンパされてしまう。他人の温もりが嫌いなハズなのに、何故か彼に触れられるのは嫌じゃなくて…?

───ねぇ、田中さん。俺とどうなりたい?


面白かったのですが、なんていうか、いろいろ腑に落ちないというかなんていうか。
いつの間に堕ちたの?って思えて。
というか、元ハルコさんの前回の作品でもそんなこといっていたような〜。


web拍手 by FC2


元さんって、体格差のあるカップルが好きなの?
なんか、そういうの多くない?
そうでもないのもあるはあるけれど、身長差があるカップルが多くない?今回の表題作もそうだしさあ。

サラリーマンと接触嫌悪症の駅員さんの話。
面白かったのだが、どうも田中さんの心の変化がわかりにくい。
だって、堂島さんに触られて震えていたじゃない!?
それなのに、触られるのが嫌でなくなり、さらにそういう関係まで大丈夫ってどういうこと?
酔っていたところを強引に触られたのがよかったのか?
いわゆる、ショック療法?
まあさあ、階段から落ちたおばあさんを助けたりと堂島さんは好印象を残してはいたとは思う。
でも、ちょっと展開が早すぎたような気がする。
結局、トラウマゆえとはいえ、他人の体温を嫌と思う自分をかえたいと田中さんは思っていたってことかしら?
ひとりで生きるのは寂しいから。
大人しい田中さんには強引な堂島さんで合っているのかも。
しかし、堂島さんは田中さんのどこに惹かれたの?
駅で一目惚れ!?
説明不足のところがある作品ではあったな。
可愛らしい話ではあったのだが…。

あと、同時収録の『THINK DRIP』
話そのものよりも、攻めが表題作の攻めとルックスがかぶり過ぎていて〜。
トーン髪で髪型も似ているし、体格も背が高いようで…。
いや、こちらのほうが先に雑誌に掲載されていたようですが、私は初め、堂島さんの過去の話かと思ったよ。
話そのものよりもその思い込みが大きくて、内容に関してはあまり印象に残らなかった。
正直いって、損した作品だと思う。
編集さんもそこらへんをアドバイスすればいいのにって感じだよ。
せめて、トーン髪でなければ、印象が変わる。
というか、主役級のキャラの髪がトーンってあまりないような気がするのね。
だから、余計に同一人物!?って思ってしまった。
それとも、ほかの皆さんはちゃんと切り替えできてるのか!?
2010.09.15 Wednesday 21:51 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 「不器用なサイレント」3巻 著者:高永ひなこ | main | 鳩村衣杏新刊3冊 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:51 | - | - | 
かりんこ (2010/09/16 12:52 PM)
はーこさん、こんにちは!

この作品、楽しく読んだのですけど、でもやはりいつ恋になったのか?って思わないでもないですよね〜(笑)

私の場合、たまたまこの方の2次作品(瀬戸内チーム)をまとめて読んだ後だったので、「大きい人と小さい人の組み合わせが好きな方なんだな〜」と納得はしましたが、でも一つの作品としては説明不足ですよね(笑)

同時収録の攻が似ている件ですが、私は気付かずに普通に読んでしまい、はーこさんの記事読んで読み返したら、ホントに似たような髪型で笑ってしまいました。
や、おっしゃる通り、編集さんの采配次第でもっと分かりやすくなったのにもったいなかったかもですね。(せめて、他のコミックスに収録するとかね)

では、お邪魔いたしました〜。
はーこ (2010/09/17 1:26 AM)
かりんこさん、こんばんは♪

元ハルコさんってそちらのほうの二次パロやっていたんですね。
しかも、大きい人と小さい人の組み合わせなんだ。
あまり、瀬戸内のほうは知らないので、かりんこさんのコメントに興味を覚えてしまいました。
機会があれば、そちらのほうも読んでみたいかも。