<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「静かにことばは揺れている」著者:崎谷はるひ イラスト:志水ゆき

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
綾川は音叉セラピスト・白瀬から突然キスされる。ゲイではないと伝えてから、友情関係となるが次第と綾川は白瀬に惹かれていき…!?

崎谷さんのルチル文庫作品が累計100万部突破だそうだが、既刊分を買わせてのフェアは本当に困る。
正直、熱心なファンに対して一番裏切りだと思うのよね。こういうフェアは。
とりあえず以前に里子に出した作品があったので、そちらを再購入して手に入れる。
でも、人によっては2冊家にあるってことも…。
出版社も売り上げをアップさせようと思っているのはわかるのだけどねえ…。
まだ、新刊フェアで小冊子の方がいいわ。


web拍手 by FC2


『心臓がふかく爆ぜている』のリンク作。
別に前作を読まなくても問題はないと思う。
前作の内容は覚えていることは覚えているのだが、ほぼ同時に出た作品があまりにも強烈だったので、なんか分厚い作品だった割には印象が薄かった…。
ロハスがどうとかで妙に説教臭い作品だというのが覚えていることだったり。

受けの幼なじみであり、会社の社長で息子のために女装している今回の主人公のことは覚えていた。
女装はあくまでも愛する息子のためであり、それで他人にどうこう思われようと構わないし、ゲイである幼なじみの隠れ蓑になっても構わないと思う男気のあるひとだという印象。
しかし、あらすじを読んでもその人とは結びつかなかった。
個人的に死んだ妻に操をたててほしいと思っていたからだろうか。
そんな、ホモが連鎖しなくても…と思っていたためかもしれない。
いや、個人的には今回の方が好きなんだけどね。
正直、前作カップルにそれほど思い入れがないのもある。
普通、こういうリンク作に前回のカップルの仲睦まじい様子がわかると微笑ましい気持ちになるのだが、今回はそうでもなかった…。

今回の作品は昔からの崎谷作品っぽいところと最近の崎谷作品っぽいところが合わさった感じがした。
いや、常に進化するものだとは思うけれど。
妙に女性キャラがデバっているところが昔からの崎谷作品っぽいなあ〜って感じ。
死んだ妻の彩花は本当に崎谷さんが好きなタイプのど真ん中って感じだ。
今回の作品で一番目立ってないか?
あと、2丁目の重鎮ミチルさんも出番少ない割には大活躍。あと、息子の寛。
いいところ、息子に持っていかれてないか(笑)

で、お仕事に関する説明が妙に長いのがここ最近の傾向かな。
音叉セラピストについて説明が長かったね。
まあ、専門学校の話を長々されるよりも内容が興味深かったので面白かったけどね。
そして、エッチシーンのも。
やってることは濃厚だったのだけど、最後の一線を超えるのはラストだけだった。以前の崎谷作品だったら最初からとばしているような〜。
レーベルの違いか?
受けがモテる割には経験が少なかったのが意外だった。
以前ならこういう生い立ちのタイプはセッ○ス依存症でかなりの経験値を積んでそうだったが、そうじゃなかった。
なんていうか、最近す○たが多いよね。
崎谷さんに限らずさあ。
まあ、話がそれたが、経験豊富でなく、天然ちゃんだった。
かなり自己評価が低くてイライラしそうだが、仕事に関してはプライドあるみたいだし割と好感は持てたかな?
あっ、前回の受けは経験豊富だったらしい。キャラの違いを出すためにも今回は天然にしたのかな?
でも、全体的に説教臭さがあるのは崎谷作品だなあ〜って感じ。
そこまで押し付けがましくはなかったけど。前作に比べて…。
でもまあ、そういうところも崎谷作品ならではってことかな?

2010.09.24 Friday 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 劇場版「機動戦士ガンダム00」 | main | 壊れた!? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 00:06 | - | - |