<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「夢のつづき」著者:遠野春日 イラスト:陵クミコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
生まれて初めて「傍にいたい」と願った相手に「接待」として体を差し出さなければならなかった美貌の内科医・聖司は……!?

あらすじ読む限りは好みではなかったのだが、「茅島様」に釣られたといいますか…。
まあ、気にはなっていたのよ。
茅島様の主治医のこのひとのことは。


web拍手 by FC2


切ない話が好きな人にはたまらないのかもしれないけれど、個人的にはビミョー。
というか、これに限らず遠野さんは個人的にはビミョーな話が多いのだよなあ〜。
なんていうかとってもモヤモヤ感が残る作品でした。
ハッピーエンドなんだけど、なんだかなあ〜と思うっていうかなんていうか。

幻冬舎のHPからあらすじをひっぱってきたのだが、このあらすじだと受け視点のようだが、実際は攻め視点一辺倒。
まあそれもありなのだろうが、それによって、受けが何を考えているかわからない。
なんで、そこまで腹違いの兄に逆らえないのか…。
そういうふうに仕込まれたということか?
でも、そんなふうに長年逆らえないように仕込まれた割には、あっさりと攻めを選んだな〜。
いや、葛藤とかあったのかもしれないけれど、攻めの視点のみなんで受けが何を考えているかわからない。
ここまで兄に逆らえないのは、兄のことを愛していたためとかいう理由があったらまだ納得できたかな。
妾腹の子ゆえに居場所のない受け。しかし、そんな受けを唯一相手してくれた兄。
いつしか、兄のことを兄弟以上に〜。
ところが、待ち受けていたのは兄からの陵辱…。
しかし、愛故に〜とかなら、個人的には納得できないこともないのだけどね〜。

攻め視点のみのために、受けはひたすら不幸で、ひたすら攻めに愛され、可愛がられ…。
本当に受け身なんだよねえ。
攻めと恋人になってからも兄には逆らえないし。
確かにトラウマとかあるのかもしれないが、自分で打開策を切り開いていこうという気骨が感じられない。
攻めが手を差し伸べなかったら、ずっと、流されて生きていたんだろうね〜。
そういうところが、男前受けが好きな自分としては駄目だったのだろう。

あと、受けの兄と攻めの関係の変化が〜。
犬猿の仲だった2人が拳を交えることで、友情が芽生えるって…。
どこの青春漫画だ?
高校生同士ならともかく、30代にもなって。
少なくともこの2人はそんなことで和解できるとは思えないんだけどね。
モヤモヤするばかりだった。

とりあえず、書き下ろしショートに茅島様。
なんとなく、見事に釣られたなって気分である。

不幸な受けがひたすら愛され、幸せになる話が好きな人にはいいのだろうけどね〜。
2010.10.08 Friday 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2010年9月 | main | 京都・奈良へ行ってました♪ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 01:13 | - | - |