<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「鍵師の流儀」著者:中原一也 イラスト:立石涼

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
男の胸板をこんなにエロいと思ったのは、初めてだ
天才的な鍵師の腕を持ちながら、二度と金庫破りはしないと誓う泉。
しかし刑事の岩谷は、ある金庫を開けるよう依頼してきて――

「抱いたら、少しは楽になるのか?」――鍵師の技を教えてくれた祖父の戒めを破り、金庫破りのスリルに取りつかれた過去を持つ天才鍵師の泉。もう二度とあの頃には戻らない、そう誓う泉の前に現れたのは、無精髭に野獣の色気を滲ませる刑事・岩谷。テロ事件に関わる金庫を開けろと要求され、警察嫌いの泉は強引な岩谷に警戒心を剥き出しにするが…。かつて味わった鍵開けの欲求が疼きだし、火照る躰を岩谷に知られてしまい……。

「彫師」、「鍵師」…。
中原さんは「〜師」という名称に萌えるらしい…。
じゃあ、「薬剤師」は?
少なくとも私は複雑な心境になる…。


web拍手 by FC2


中原さんの作品でシャーレドでイラストが立石涼さんなので、てっきりコノ作品とリンクしているのかと思っていた。
だって、ソノ作品の受けが警官だったもん。で、今回の攻めが刑事でしょ。
てっきり大したことなくてもリンクしているのかと思っていたよ。
別に前作を読んでも問題ないくらいの繋がりだろうとか勝手に思っていた。
だから、ちょっと肩すかし…。

いやあ、中原節全開?
チョイ悪エロ親父×素直になれないカワイコちゃん♪
個人的には受けが27歳だからよかったなあ〜。もっと若い子だと個人的にはキツいっていうか〜。

えらく、刑務所時代に身体の関係があったヤクザを引き合いにだすので、事件に絡んでいるのかと思っていたが、別になかった。
深読みすぎ?
でも、別に私だけでなく、他のひともそう思ったらしい。
続編希望で、そちらを絡まして欲しいという意見が多かったり。
それもいいかもね〜。
かなり評判がいいですね。
チョイ悪オヤジがいのかしら?ツンデレ受けもいいってこと?
ラストの対等っぽい関係が逆に続編が出たらいいなあ〜っていう気持ちになるかもね。

ただね、「鍵師」はともかく「彫師」っていう設定まで必要だったの?
手先が器用だからそういうのもありなの?
っていうか、私の萌え職業は「彫師」だからさあ〜。
そんな片手間で(そんなことはないのかもしれないけれど…)やって欲しくないんだよねえ〜。
だって、あくまでも生粋の「鍵師」なんでしょ。
前科持ちで手先が器用で生活のためにしていたっていうのが大きな理由なんでしょ?
自分の大好きな職業がそんな扱いだったから、世間様よりも萌えテンションが低かったかもしれないとか思ったり〜。
いや、「鍵師」もいいけどね。
しかも、いろいろと「鍵師」として悩んでいたし。
でも、確かに伏線と思わせる設定が多いかもね。回収していないし〜。
続編は確かにあるかも。

2010.10.28 Thursday 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 確かにまったくパクっていないとはいわないが、他の便乗作品と一緒に紹介するのはどうかと思うのだけど〜 | main | 10月29日のつぶやき… >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:30 | - | - |