<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「スーツを脱いだら」著者:橋本あおい

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
感動系DVD鑑賞が趣味のサラリーマン・深田は、ある日、同じビル内の別会社に勤めている藤井にその趣味を知られてしまう。
以来、藤井はそれをネタに深田を強制的に飲みに連行する。
しかも、「好きだ」なんて口説いてきて……?

年下攻リーマンラブ!
キザ社長×クール秘書の「秘書のお時間」も収録!!

橋本さんの新刊。
この人の作品を読むのって3冊目。
初めて読んだ作品はそうでもなかったのだが、可愛い絵柄でエロシーンが本当にエロい…。
小説のイラストでもそう。
なんか、そのギャップが最近気に入ってる。


web拍手 by FC2


昨日、大阪での女性を集めたイベントに『相棒 劇場版供戮寮訶舛鬚ねて右京さんと神戸くんがスペシャルゲストで出たそうだ。
で、神戸くんこと及川ミッチー王子(元王子?)が「相棒の魅力とは?」という司会者の質問に「スーツ萌えです」と応えたらしい。

スーツ萌え!!


流石、ミッチー!!王子たるものベイベーたちの気持ちをわからなくてはね!!

で、スーツを脱いだら萌えがなくなるかっていったら、そういうわけでもない。
表題作はタイトルがずばりそう。
といっても、そういう意味でスーツを脱いでいるのは2話目の『スーツを脱いだそのあとは』から。
中には魅力半減なひともいるかもしれないけれど、この人たちはそんなことない。
とりあえず、この作品の登場人物。特に受けさんはスーツを脱いだら、違う顔を見せてくれる。
いや、攻め相手限定の顔なんだろうけどさあ〜。
また、橋本さんはその限定の表情がなんともエロくて、これはこれで萌えるのである。
ギャップ萌え?
日頃はスーツに身をつつむストイックなサラリーマンがプライベートでスーツを脱いだら豹変?
一歩間違うと三文小説のようだが、そのバランスがいいというか、個人的には満足だった。
また、受けだけでなく、攻めも感じているのがわかるのがいいのだと思う。やっぱり気持ちが通じ合っていないとな。

で、表題作のシリーズに比べると同時収録の『秘書のお時間』は物足りないものがある。
社長の一目惚れで始まっているため、こう心の機微というのが足りない。
「運命」とかで片付けられるのではなく、どんどん惹かれていく過程が好きなんでねえ…。
まあ、ページ数の関係とかあるのだろうけどさあ…。
でも、こちらもそういうシーンはエロかった。
いつもはクールは秘書が…っていうギャップはあったよ。

まあとにかく、橋本さんの今後の作品も期待したいと思う。

2010.11.07 Sunday 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「壁の中の天使 」著者:びっけ | main | 椎崎夕新作2冊 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:12 | - | - |