<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「僕はすべてを知っている」著者:高久尚子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
若き名医の犀川千博(さいかわちひろ)は、包茎整形治療のプロ。醜い下半身を見る毎日に内心うんざりしていた千博が、ある日街で出会ったのは、ケータイショップの販売員・浅野歩(あさのあゆみ)。
服の上からでもアソコの形がわかる千博は、歩のかわいい笑顔より、下半身に一目ぼれ!!
「君は世界一美しい」と口説くけど、歩は素直に喜べなくて!?

犀川先生というと、某ミステリーのN大の先生が浮かぶのだよなあ…。
同じこと思った人は結構いるのでは?
最近のシリーズは読んでいないけどさ。


web拍手 by FC2


以前、ちょっと知り合ったひとに犀川先生と同じ専門のドクターだったと思うひとがいた。
泌尿器科が専門というだけで、はっきりと聞いたわけでないのだが、どうもそれが専門だったのではないかと思うことがあったので…。
アルファロメオを乗り回しており、さらに、持ってる車は他に何台かあったりと羽振りのいい人だなあ〜と思ったりしていた。
10年以上も前の話だけどね…。
今現在も交流が続いていたとしても聞けやしないだろう、服の上でも美○ンかどうかってわかりますか?って…。

高久センセイの病気療養が挟んだために数年かかって出たコミックス。
最初に読んだときは、まだそこまでBLを読みあさっていた頃でないから、かなりの衝撃作だったよ(笑)
まだ、その頃は高久センセイってセンシティブな作品を描かれる作家さんだと思っていたから…。
今はだいぶその幻想もなくなってきたかな…。

とにかく、これは壮大なギャグ漫画だって思うことだな。
だけど、犀川先生はじめ、登場人物は至って真面目なんだろう。
結局、恋をしたら相手がどんな姿形でも愛しくなるってもので、もちろんソコも愛しい対象なんだろう。
きっかけはともかくとして、2人が真面目に愛し合っているのは事実なので、読者としては生暖かく見守るしかないだろう。
シリーズはまだ続いている。
この先、犀川先生の前にすばらしい美○ンの主が現れたとしても、きっと犀川先生は云ってくれるだろう…。
「美○ンだから、歩を好きになったわけではない。歩が好きになったから歩のが美○ンだと思ったんだ!」と…。

勝手にやってくれ…という気持ちで、読者がいっぱいになっても仕方がないと思う…。

ところで、作者あいさつで思ったのだが、ドテチンはセンセイと仲良くなったの?
実はコミックで一番気になったことだったり…。

2010.11.29 Monday 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「SUPER LOVERS」2巻 著者:あべ美幸 | main | 11月30日のつぶやき >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:40 | - | - |