<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「真昼の恋」著者:草間さかえ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
できる営業のつもりでいた中川真昼が新しく任された取引先――そこは経営経験ゼロの天真爛漫な青年・岡崎一が営む、どう考えても潰れそうな町工場だった。リストラの前触れかと落ち込む正午をよそに、一は腹が立つほど前向きに仕事をこなしていく。年下の男は嫌いで、自分の名前も嫌いだった。それなのに「まひるさん」と嬉しそうに呼ぶ一が、次第に特別な存在になってきて――。

草間さんは、その人気故か、あちこちの出版社で作品を発表されている…。
とても喜ばしいことかもしれないが、コミックスとしての発表に年月がかかるのだよね〜。
このシリーズも数年かかってコミックになりました。


web拍手 by FC2


さて、先ほど述べたように、草間さんは多数の出版社で描かれているわけで〜。
ぶっちゃけた話、大手の出版社さんだけならいいけど、マイナーな出版社さんでも描いていたり…。
『マッチ売り』がBL業界大手である(コチラはコチラでいろいろあったが…)リブレさんに拾われたからいいけれど、そのまま、雑誌のみで終わることもありそうな…。

ショコラさんは、割とメジャーなBL作品出版社ではありますけれど、どちらかというと小説寄り。
そんななか、ちゃんとコミックが出て良かったな〜。

さて、作品なのだが、自分でも理由とかがわからないなのだけど、20010年に出た草間さかえコミックの中で一番好きだった。
眼鏡萌えとかが己のなかになかったのがよかったのだろうか…。

いや、読んでいて、眼鏡がいない…とかおもったからさあ〜。
まあ、自分の中に眼鏡萌えがないっていうのがあるけれど、そういうカテゴリーがなくても、萌えるものは萌えるのね。
ヘタレ萌えカテゴリーがなくはないけれど…。

でもさあ、萌えっていうものは分析できないものだと個人的には思っていたり…。
なんか、わかんないけど、萌え〜。
まさにこの作品はそう。
ヘタレ攻めとか、年下攻めだとか、草間作品だからとかそんなものはでていたのだけど、それに比べて、萌え〜。
分析できない、この心の底から沸き立つなにかが、「萌え」というものなのではないかと思うのだがどうなんだ?
っていうか、萌えを明確に定義できたひとっているのあ?

まあ、とにかく、今年一番の草間作品で萌えたコミックでした。
そういうことで!!
2011.01.07 Friday 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「恋愛小説は書けない」著者:雨月夜道 イラスト:本間アキラ | main | 「無慈悲なオトコ 」著者:桜賀めい >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:57 | - | - |