<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX」著者:榎田尤利 イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書


「トモがいやがることはなにひとつしないし」
芽吹ネゴオフィスのアルバイト、美村紀宵には好きな相手がいる。
『可愛い』と『小さい』は禁句だけど、ちっちゃくて、可愛くて、でも『狂犬チワワ』と呼ばれたこともある橋田智紀だ。
紀宵にとって智紀は『可愛い』のカタマリだけど、男とは恐れられなければならないと信じている智紀は、紀宵の好意を知りつつも、素直になれずにいる。そんなある日、紀宵の本業の特殊清掃業のアルバイトに参加した智紀は、誰も住んでいないはずの物置小屋で眠っている子供を見つけて!?

さっきから、七地寧さんの『ルドルフの数』シリーズの全プレを応募するために、シリーズの帯を探しているのだが、どうしても『インテグラ』が見つからない…。
魔窟を探しても出てこない…。
また、ぎりぎりになって、探すから…。
このシリーズの全プレはそういうことをおこさないためにもさっさと申し込もうと思います…。


web拍手 by FC2


さて、シリーズ番外編。子どもチーム。
いや、ひとりは成人男性ですが…。
大人チームはおとなっていうよりもオヤジチームだしな…。

スウィーパーっていうと掃除屋は掃除屋でもデューク東郷みたいなイメージだけど、今回は本当に掃除屋。
特殊清掃業だけどな。
ああ、私の部屋の掃除をしてもらいたい…。

しかしだなあ…。
まさか、この2人がそういう関係になるとは…。
いや、におわせてはいたけれど、なんとなくいい感じ止まりでいくのかなあ〜と思っていたのだが、いろいろと柵とかいらんプライドとか建前とかをもっている大人よりも子どもの方が、覚悟を決めたら早いっていうかなんていうか…。
芽吹よりもよっぽどトモのほうが腹がすわっている。
親の血筋か?

気になっていたキヨの過去も今回判明。
このシリーズは何かと過去に傷をもっている人たちが集まっているなあ〜。
過去の傷があるから弱いけれど、また強い連中なんだな。
少なくとも、過去に打ち勝とうとする強さはあるから。

芽吹と兵頭は出番はあまりなかったが、美味しいところはちゃんとあった。
ラブラブだったので読んでいて楽しかった。

楽しかったが、その気持ちよりも奈良さんの絵の変遷に改めて驚かされるというかなんていうか…。
いや、わかっていたけどさ…。
2011.01.12 Wednesday 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「NATURAL DOGGY'S DIARY」2巻 著者:寿たらこ | main | いいのか!?N○K…。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 01:30 | - | - |