<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「耳たぶに愛」著者:名倉和希 イラスト:佐々木久美子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
失業中の脩一(しゅういち)は、庭師の叔父のもとでふらふらしている。ある日、叔父がぎっくり腰になって仕事ができなくなり、詫びに赴いた豪邸で、頼りなさげな屋敷の主人・石神に会う。作家の石神はゲイで脩一が好みらしいが、自分のタイプではない。そう話しているのを石神に聞かれて以来、彼はスランプに陥ってしまい、困った担当編集から一度抱いてやってほしいと頼まれ!? イケメンニート×オヤジ作家の、嘘から始まる恋物語。


雑誌掲載時から、文庫化を楽しみにしておりました。
だって、文庫になったら、書き下ろしがあるって期待していたからね。
無事に出てよかった♪


web拍手 by FC2


オヤジを愛する皆様こんばんは♪
今回も素晴らしいオヤジが出てきました。

昨日の記事にも書きましたが、この前の連休は大阪インテに行っておりました。
で、ダブルオーでスペをとっていたのだけど、ありがたいことにオリジュネと同じゾーン。
そのため、日頃はオリジュネはどうでもいいまるさんもなんとなく、オリジュネスペを見て回る次第…。
オリジュネを知らないまるさんは「オヤジ本」に驚く…。
いまや、オヤジなんて珍しくないよ〜という私の台詞に戸惑う始末…。
そういうものかと納得はしたようだけど…。
しかし、きっとまるさんは知らない…。
世の中、オヤジが受けというものもあるということを…。
多分、彼女はオヤジ攻めなら、その存在をなんとか認められたのだろうが、オヤジ受けは未知の世界だと…。

その昔、私もそうだった…。
しかし、人間慣れるものです…。
今では美味しくいただけます。

15歳も年下のオトコに翻弄される42歳のオヤジ…。
しかも、受け…。
あんあんと盛大に喘がされております。
年下のオトコになされるままでございます。
しかし、なされるままのようで、実は翻弄しているのはオヤジの方。
最初は他のことが目的で石神と関係をもった脩一だったのだが、いつの間にやらホンキに…。
失業以来、定職に就く気力をなくしていたのに、相手と釣り合うために就活したり…。
オヤジは実は魔性のゲイ?

いや〜、ご馳走さました。
また佐々木さんのイラストも素敵♪
オヤジ受けブラボー!!

もちろん、オヤジが攻めでも全然OKです。
チョイ悪エロオヤジが、今までの経験で培ったテクニックを持って、ちょっと生意気な小悪魔ぶっている仔猫ちゃんを翻弄するもよし。
大人の甲斐性で、幸薄い子を幸せにするもよし。
また、同世代のライバルと攻守を争ってもよい。

いやあ、オヤジの世界は無限大。
その世界を知るのは、若い読者にはハードルが高いかもしれないけれど、受け入れることができれば、確実に世界は広がる。萌えも広がる♪

しかしだなあ、アラフォーな自分にとっては、42歳なんて、まだまだ若いよ!!と云いたい…。
でも、BL界ではオヤジに分類されるんだよね〜。
男は40過ぎてからだと…。
でも、ディアプラスは40代OKなんだな。
40代NGなところもあるからさあ〜。
42歳でもありがたがらないと…。
しかし、どっちかというとディアプラスって若い主人公たちのレーベルというイメージだったのだが…。
意外と間口が広かったようだ。
2011.01.18 Tuesday 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 大阪冬の陣2011 | main | 悪左府△ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:55 | - | - |