<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「40男と美貌の幹部」2巻 著者:海野幸 イラスト:佐々木久美子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
チーフがお望みなら、今すぐ押し倒すのもやぶさかではありませんが――
美貌の上司・篠宮と恋人同士になった宗一郎。
しかし宗一郎が昇進試験で多忙な中、篠宮に急接近する男の影が…。
すれ違う二人の心は――。

「―― ……上手く誘えなくて、ごめん」年下の上司・篠宮と恋人同士になった宗一郎。その美貌にもかかわらず恋愛に初心な篠宮は、仕事中の完璧な姿が嘘のように初々しい反応で宗一郎の理性を崩壊させていた。だが、宗一郎が昇進試験で多忙になったとたん、幹部候補生の神谷が篠宮に急接近。年甲斐もないと自嘲しつつも、気心の知れた二人の様子に湧き出る嫉妬心を抑えきれず…。そんな中宗一郎は、神谷が篠宮を口説いている現場に遭遇してしまい――。

再び、オヤジネタ本。
今月はオヤジ強化月間か?


web拍手 by FC2


正直云って、続編が出ると思っていなかったというか、出るような話とも思っていなかった…。
本当に…。

前作の感想を読むと、タイトルに釣られたけど、普通だったね〜という内容だった。
なんで、自分が書いた感想のくせに他人のように述べるかというと、手元に今ないからさ…。
それでも、なんとなく手に取ってしまうのは、やっぱりタイトルのインパクト故なのかな〜。
さて、2巻目。
なんとなく、上司の印象が薄くなっていない?
そりゃあ、40男の目線ですからね、美貌の上司が何を考えているかはわかりにくいですよ。
それでも、今回はそれほど切れ者上司っていう感じがしなかったような〜。
まあさあ、単なる上司だったときと違って、恋人同士になった時点での攻めの視点から話を進めたら、切れ者っていう部分よりもツンデレぶりとかギャップ萌え部分とかの方がクローズアップされてしまうというものかもしれない。
部下目線でなく、恋人目線。
まあ、おかげでなんとなく、篠宮が可愛く思えましたよ。
恋愛に慣れていないくせに一所懸命に慣れているふりとかしてさ〜。
ああ、でもそれなら、上司が年上の方が個人的には好みだったり…。
やっぱり、上司が40男の方が個人的には楽しかったかも。
好みの問題といえばそうだけど。

しかし、彼らの勤めるノエラ化粧品(モデルはノエ○ア化粧品なんだろうな〜。いろいろとその販売方法のことを云われている会社なのに、それをモデルにするっていうのも凄いとしかいいようがないが…。しかも、その販売方法そのまんまだし…)も会社全体が過渡期に来ているのか…。
正直云って、購買部の後輩の対応は社会人失格だと思うよ…。
そういうストーリーは今後の伏線なんだろうか?
会社を揺るがす何かが起こりそうな感じ。
つまり、更に続編?
どうなんだろうね?
とりあえず、佐々木さんのイラストが堪能できるので、続編が出るなら出るで全然OK。
3巻目には篠宮がいろいろ慣れているといいね〜とか思ったり。
2011.01.24 Monday 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「冷蔵庫の中はからっぽ【文庫版】」著者:山田ユギ | main | 「BUTTER!!!」2巻 著者:ヤマシタトモコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:30 | - | - |