<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「BUTTER!!!」2巻 著者:ヤマシタトモコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
元気女子・夏とネクラ男子・端場は、ひょんなことから入部した社交ダンス部でペアを組むことに! 反発し合いつつも、少しずつ息が合ってきた2人だが、ある出来事をきっかけに、夏が今までのように踊れなくなってしまう……!! 夏はこの試練を乗り越えられるのか。端場はパートナーの危機にどう向き合うのか。もどかしいほどスバラシイ、社交ダンス部青春活劇第2巻!

オリエンタルラジオ・中田敦彦氏、推薦!!
「青春はみずみずしくて、イタい。まぶしくて、いたたまれない。でもなんだか胸が痛くなる。ずっと読んでいたくなる。」

『このマンガがすごい!』などで取り上げられたため、最近注目度アップのヤマシタトモコさん。
検索の果て、うちにまでたどり着いてくる方もいうようです。
こんな訳の分からないブログで申し訳ありません…。


web拍手 by FC2


さて、1巻の感想のときに、ヤマシタさんが青年誌に描くのなら、男女の恋の卑屈さがにじみ出るようなドロドロものを描いたらいいとか思っていたに青春もの?みたいな感想を書いております…。
まあ、肩すかしだったんだよね〜。
BLで散々卑屈なキャラを描かれていたから、あれ?さわやか?みたいな…。
とりあえず、卑屈なキャラはいるけれど〜みたいなことは書いておりますが。

で、以前にも述べているように、ヤマシタトモコ作品の登場人物は『卑屈』なやつが多いのだよね…。
結構、賛同をいただきましたので、私だけの意見ではないようです。
で、そういうキャラの出てくる作品を読んで「うわ〜っ!!」って思っていたんだよな…。
でも、「うわ〜っ」って思いつつも、どこか他人事というか、客観的に見ていたり…。
だって、本当に他人事。
まあ、所詮フィクションの世界っていうのもあるのだけど、やっぱりさあ、自分はゲイではないからね(って、性別が男ではない)。BLばかり読んでいたって、所詮は自分とはかけ離れた世界なんだよ。
だから、BLの登場人物に共感しながらもやっぱり他人事のような気持ちもあるのだったり…。

しかし、これは違う…。
今は高校生じゃないけれど、高校生だった頃があるわけで…。
中学生高校生特有の自意識過剰の卑屈さ…。
他人から、特に大人から見たら大したことないことが大事件で、周りが何とも思っていないのに、必要以上に周りを気にしているわけで…。
本当に大人になったらたいしたことじゃないことに悩んでさあ…。
正直、その当時の悩み事云々よりもそんなことに悩んでいたことが今となったら赤面もの。
オリラジのあっちゃんが云う通り、「イタい」ったらありゃしない。
でも、そのイタさも若さ故のもの。
高校時代なんてとうに過ぎ去った人間には、同じイタさも瑞々しさも得られないんだよなあ〜。
とりあえず、この本を読んで、昔の気持ちを疑似体験ってところかな。
今後どう続くのか?
っていうか、どれくらいまで続くのかなあ?
いやあ、しかし、若いって素晴らしいね♪とおばさんのようなことを云ってみる…。いや、高校生からしたら十分おばさんなんだけどね…。
2011.01.25 Tuesday 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「40男と美貌の幹部」2巻 著者:海野幸 イラスト:佐々木久美子 | main | 「凍る月 〜七色の攻防〜」著者:夜光花 イラスト:高橋悠 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:46 | - | - |