<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「凍る月 〜七色の攻防〜」著者:夜光花 イラスト:高橋悠

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
生まれつき特異体質である鳳光陽(おおとりこうよう)は、同じ境遇である梁井轟(やないごう)と「契約」を交わしている。特異体質の人間は、契約相手がいないと、ひとりでは生きていけず、そのお互いに生まれる「絆」が、時に独占欲や嫉妬に変わり、同族を傷つける。
そんな同族同士の妖しい人間関係のもつれに、梁井と光陽は巻き込まれようとしていた。激しく絡まった幾人もの憎悪や愛情は、誰が正しくて間違っているのか分からない。
人一倍、独占欲の強い梁井は、光陽を奪われまいと、誰も傷ついてほしくないと訴える光陽をおいて、自ら罠に飛び込むが……。

しばらく、番外編というかスピンオフが続いていたのですが、本編が久しぶりにでた…。
『凍る月』が本編で良いのよね?


web拍手 by FC2


『凍る月』としては2年ぶりですか〜。
その間に須王の話と銀の話がでたわけだ。

おかげで組織のこととかわかったよ。
正直云って、誰が悪いってことはないんだよね…。
それぞれの考え方が違うっていうこと。
獣人という存在である己のことをどうしようかとそれぞれが思うわけで…。
一人で生きていくのもあれば、組織として生きていくのもある。
組織と共存するのもあれば、敵対するのもある…。
考え方、生き方の違いというものであって、誰が正しいとか間違っているとかいう問題でもない。
人間(獣人)それぞれの生き方があるってもんだ…。
餌といわれる存在もそう…。

光陽には光陽の考え方があるだろう。
性善説を信じるのも彼の自由…。
しかし、しかしだなあ…。
ひさしぶりに光陽が主人公の話を読んだら、ウザイったらありゃしない…。
「駄目だよ〜。戦ったらいけないよ〜。きっと分かり合えるよ〜」
ああ、本当にウザイ。
2年ぶりのせいか、余計にウザイ。
パワーアップしていないか?本当に…。

まあさあ、確かに銀と須王の戦いは必要なのかしら?と思うよ。
戦いというか、銀が一方的に喧嘩をふっかけているというかなんというか。
野生動物のボス争いなんだよね。
あんなに嫌がっていた獣に変身したためか、銀は人間としての理性よりも獣としての本能が強くなったようだ。
強いオスがいて、自分はそいつに負けないんじゃないかと思ったら、自分がボスに君臨しようと思うのは本能故なんだろう。
1対1なら負けないのだろうけど、相手は仲間が大勢いるから、中立な立場のものを仲間に引き込もうというか〜。
迷惑っていったら迷惑だよなあ…。
そんな喧嘩だから、戦ったら嫌だよ〜という光陽の意見は分かるけど、やっぱりウザイ…。

しかし、物語は獣人同士の話だけではなくなったようで…。
もっと大きな相手との戦いに…。
一体どう決着付けるのか?
獣人は滅びるしかないのか?
次回で完結らしいです。
どういう決着をつけるのか、今から気になります。
2011.01.26 Wednesday 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「BUTTER!!!」2巻 著者:ヤマシタトモコ | main | 「小さな恋のメロディ」著者:嶋二 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:36 | - | - |