<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「真空融接」著者:びっけ

とりあえず、下巻のみ購入しました。
上巻はビブロス版と同じですよね?
書き下しとかないですよね?

真空融接 上
真空融接 上
びっけ

真空融接 下
真空融接 下
びっけ

【あらすじ】
わかるんだ。こいつは僕だけなんだって。

供給者と補給者。力を与え、力を受け取る。力の受け渡しは、唇から。全寮制の学校で暮らすラエルとアレクシ。ふたりは供給者と補給者という、お互いに決められたパートナー同士。唇を重ねてはいるけれど、恋人ではなく…。ふたりの少年と、彼らをとりまく人々が織り成す珠玉の物語。

拍手する

BLというよりは、ファンタジーと云う方がしっくりします。
マガビーよりZEROに連載した方がしっくりします。
ZERO復活しないから、出版社が変わっても仕方ないかもね。
しかし、BLでないよな〜。下巻なんかアレクシ出生の秘密編ですから。つまり、父親と母親の恋愛話。BLに分類すべきじゃないのかも…。
冬コミに出てた番外編の同人誌を読んだ時、多分、下巻はアレクシ出生話だとは思っていたのですが、ここまで、男女間の話だとは…。
いや、この話、男同士でも男女間でも、愛について描いてありますが、セクシャルな感じがしないと云うか、ハッキリ云ってないですね。
アレクシとラエルの間に確かに愛があるかもしれませんが、家族愛的なものです。
設定ゆえにキスシーンは沢山出てきますが、少しもセクシャルなものがないです。
親の話だって、男女間の恋愛でもパートナーの方がもやもやと鬱屈した想いをいだいてもいいと思うのですよね。BLだったら、それを爆発して無体を働くって展開がある可能性だってあるのですが、この話には、そういった陰の感情が出てきません。
アレクシとラエルも別に各々女性の恋人を持ってもいいのでは?なんて思わせます。
でも、アレクシがかなりラエルに依存しているので、そんなことがあったら、陰の感情に走ってしまうかも〜。
でも、やはり恋愛と云うより家族愛ですね。
幼い頃から絶対無二の相手として認識しているのですから、仕方ないかも。
恋人とは縁が切れるけど、家族とは喧嘩しようと縁は切れませんから。もう、そういうレベルの結びつきなのでは?
だって、生命がかかっているのですから…。
でもさ、この作品読んでいると、パートナーがどうしても嫌いな相手だったら、どうするんだろう?パートナー解消するだけ?
嫌いな相手なのに、自分の命に関わる相手だったら…という展開も捨て難い気が?(木原音瀬さんの作品にありそうな展開な気もしないでもないような…)
2007.01.17 Wednesday 22:58 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 「キャラメリゼ!」著者:神葉理世 | main | 「聖なる黒夜」著者:柴田よしき >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:58 | - | - | 









真空融接 下
生活に支障をきたさないよう、パートナーはほぼ同年から選ばれる。上巻ではパートナーを亡くしたエリアスは齢の離れたキィルを選んだ。生活環境から考えると難しいことなのに、それを苦とは言わないエリアスに感心するアレクシだったが、ラエルは実は成績優秀で、隣国に
| ◆小耳書房◆ | 2009/10/16 2:59 AM |