<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ヌレル」著者:草間さかえ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
すっかり可愛げのない大人になった自分を「かわいい」という年下の恋人・壬生谷(みぶや)。高校教師の白川(しらかわ)は壬生谷のくれる永遠や幸せを、まだ信じ切れていなかった。そんな時、白川に告白してきた生徒がーー。先生と卒業生、先輩後輩、幼なじみ。それぞれの恋が滴るように熟していく「好き」の続きを描いた、『イロメ』続篇登場!!

なぜ、このタイトルなんだ…。
『イロメ』に合わせてカタカナ3文字のタイトルにしたかったのかもしれないけれど、それなら『フロウ』にするのが当然だろう…。
一番長いのだから…。
それが駄目なら『サイン』でも『メガネ』でもあるだろう…。
よりによって、一番レジに持っていくのにハードルが高そうなタイトルを…。
4ページしかないのに…。
草間センセイ…。ファンの愛を確かめているのですか?



web拍手 by FC2


サブタイトルが『イロメ2』とあるだけ、本当に『イロメ』の後日談ばかりだった…。
って、1組忘れられているけど…。
忘れられたカップルの遭難×こーちゃんさんは好きだったのだけどなあ〜。
もしかすると、『イロメ』で一番好きだったカップルかも…。
まあ、同人誌で番外編(過去の男?との話だけど…)描かれているからいいのか?
う〜む。

まあ、とにかく残り3カップル。
カバーイラストを飾っているし、一番長い話でもあるから卒業生×先生である壬生谷×白川が中心なんだろうけど、どうも草間センセイの野田先生への愛が垣間見れるような…。
眼鏡!?
眼鏡だからか!?
どうも新書館からのコミックは草間センセイの作品にしては眼鏡含有率が低いような気がする…。
そんななか、野田先生は紅一点ならぬ眼鏡一点…。
だから余計に野田先生に愛が集中。
そして、別に浮気を推奨しているわけでないけれど、野田先生はこのシリーズで総受け決定!!
と思うのは私の気のせいなんだろうか…。

気のせいで構わないのだが、カバー下を覗いてみたら…。
野田先生ピンチ!!
本当に白川先生はあらすじ通り「すっかり可愛げのない大人になった」ようで…。
それに比べたら、野田先生のピュアなことよ…。
今のところ、子どもな生徒たちには気づかれていないけれど、きっと野田先生は魔性の受けだから…。
桃山、油断するなよ…。
アホなことばかり云っていると、どこからか横やりが…。
まあ、野田先生は桃山のアホなところも愛おしいだろうから、お似合いなんだろうけどなあ〜。
で、壬生谷×白川もお似合い。
適材適所と云いますか〜。
結局、この作品ってラブラブカップルの後日談集なんだよなあ。
ナオシ×光彦はまだまだ超えなければならないハードルがありそうだが…。
2011.04.05 Tuesday 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「飴色パラドックス」1巻 著者:夏目イサク | main | 「本日、ご親族の皆様には。」著者:水壬楓子 イラスト:黒沢椎 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:34 | - | - |