<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「きみと手をつないで」著者:崎谷はるひ イラスト:織田涼歌

崎谷さん…、働き者ですね…。
この3か月で何冊新刊出しているのですか?
この作品は他社から出ていた新書の文庫化ですが、加筆修正と書き下しがありますし〜。
しかし、相も変わらず、同時発売の他の作品に比べて厚いですね…。
で、加筆修正分って、新書版読んでないから、本当にそうかわからないけど、やはり、そういうシーンのところなのかなあ〜と思ったりしないでも…。

きみと手をつないで
きみと手をつないで
崎谷 はるひ

【あらすじ】
家政夫の兵藤が派遣された先は、有名作家の神堂の家だった。何も出来ない神堂の世話を焼くうちに、ヤバイ気持ちになってきて!?

拍手する

金髪の大男が家政夫としてきたら、私だったら、即座にチェンジするけど…。なんて思ったのですが〜。
普通、能力が高くても、そういう人は派遣会社も雇わないのでは〜と細かいところに駄目だしを出してました。いや、だって、別にさあ、サーファーの必要性を感じなかったし、サーファーだからって金髪の必要性はないと…。
うーん、ブルーサウンドシリーズといい、崎谷さんの中でサーフィンブームがあったのかなあ〜。
まあ、そういう細かいところはいいとして、内容ですが、私としては、もっと三角関係っぽいのを引っ張るかなあと思っていたのですが、あっさりと両想い。
しかし、正直、エロシーン長いよ…。
攻が受に卑猥な言葉を言わせたがって、同じようなセリフが続いたりするんだけどさあ〜。サービスシーンが濃厚なのは美味しいのだけど、ちょっと、さすがに毎月毎月新刊が出て、繰り返すとさ〜、お腹いっぱいといいますか…。
昔の作品はエロも多かったけど、もっと、心情のほうも書いていたと思うのですが、最近エロの比率が高くなっていない?っていうか、心情の方のページ数は変わらないけど、エロのページ数が増えたから、比率が変わったのではないかと思ったり…。
正直云いますと、崎谷さんの作品はわりと読んでますが、手元にずっと残っていないので、本当にそうなのかは確かめれません…。
しかし、あと3か月は角川のフェアのため、毎月新刊出るんですよね。ルチルでも3月に新刊出るみたいですし…。
積極的にお仕事されているのは大変よいと思いますが、同じようなパターンを繰り返されると、読者としては色々複雑な気持ちになったりするのも真実です…。
2007.01.20 Saturday 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「聖なる黒夜」著者:柴田よしき | main | カ○トが終わった… >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:53 | - | - |