<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

藤森ちひろ2冊

JUGEMテーマ:読書



どうやら、藤森さんの世界はつながっていることが多いようだ。
っていうか、ヤクザといえば九曜会になるらしい。


web拍手 by FC2


「囚われの愛を殺せ」イラスト:稲荷家房之介

【あらすじ】
「まずは、おまえの淫らな体の使い方を教えてやろう」
人生を諦めたようにヤクザとして生きる征文は、兄の策略で香港マフィアの香主・秀瑛のもとに媚薬を仕込まれ差し出される。
恥辱に満ちた陵辱を受けるも、躰は心を裏切り淫らに快感に悶え、悦楽に溺れてしまう。
昼夜なく玩具に責め弄ばれて、卑猥な言葉を引き出される征文。
傲慢な緑の瞳の前に、心の裡をすべて曝け出され、凍てついた征文の愛がざわめく!!
香港マフィア×ヤクザの囚われ調教愛!!

調教愛って…。
藤森さんの作品で稲荷家さんのイラストって、プラチナ文庫のシリーズの組み合わせと一緒ねえ〜と思っていたら、繋がっていた。
いや、別にプラチナ文庫の作品を読まなくてもわかるけど。
出版社が違うから、今回脇役として登場した方々の台詞にニヤリと思うことも特にはなかった。
舞台も香港だしなあ…。
国際色豊か?
攻めを香港マフィアにしたのは、中国服姿の稲荷家先生のイラストが見たかったということだが、カバーイラスト以外は挿絵2枚しか中国服ではないよ。
まあ、美味しいと云えば美味しいのかもしれないが。
そんなことよりも受けの境遇が気の毒で…。
最終的には正義が勝つということか?
ヤクザだけど正義…。
BLはファンタジーですから。



「密愛契約」イラスト:梨とりこ
【あらすじ】
「自分に値段をつけたことがあるか?」あまりにも優雅で官能的な微笑だった。肉食獣を彷彿とさせる男の色気に、裕紀は凍りついた――。有名レストランで副支配人を務める瀬川裕紀は、独立を考えていた。資金集めに苦労する裕紀に、ある客が声をかける。高級クラブを営む実業家神矢が開業に必要な資金を出すと申し出たのだ。闇に繋がると噂に聞くが、以前から目をかけてくれた上客だ。能力を買ってくれたと純粋に喜ぶ裕紀。だが、神矢は代償として、ひとつ条件を出す。――裕紀が「愛人」になることを……。

梨とりこさんのイラストに釣られる。
こちらの方はイラストが違うので、読むまで九曜会が出るとか全然思わなかった。
でも、名前だけ。
別に若頭たちは登場しません。
しかし、この若頭、大学時代の友人たちに色々色々恩を売っているのね…。
これも人徳?
う〜む。
しかし、読んでいて結構あっさりというか拍子抜けした。
融資の条件として身体を要求というのはBL的にはよくあるパターンです。
だけど、その条件が受けの心を閉ざさせる…。
でさあ、受けはかつての勤め先の常連さんたちに相談したり、シェフとは親友ともいえる間柄。
絶対、かつての常連さんが受けと攻めの不毛な関係を知って、自分が融資するとか持ちかけたり、シェフとの仲を誤解されたりとかそういう展開が待っていると思っていたのだよ。
で、お仕置きという名のアレコレがあるかと勝手に思っていたのだけど、そういう展開はなかった。
もっと、こじれると思っていたのになあ〜。
おかげで、あっさりとくっついたなあとか思ったり。
どうも、ハードなBLにも慣れてしまって、そういうのが当たり前だと思ってしまうようになったようだ…。
人間、慣れ(?)って怖い…。
2011.04.17 Sunday 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「殉愛のしずく」著者:名倉和希 イラスト:御園えりい | main | 「ましろのおと」3巻 著者:羅川真里茂 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:36 | - | - |