<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「天使のささやき」著者:かわい有美子 イラスト:蓮川愛

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
警視庁警備部警護課第4係に所属する機動警護担当の名田は、憧れている同じ機動警護担当の峯神と同じ寮に住むことになり…。

かわいさんの新刊。
新作は久しぶりよね。
ここ最近、毎月出ていたけど、それはかつての作品の文庫版とかだったから〜。


web拍手 by FC2


警視庁警備部警護課、いわゆるSP。
えっと、幻冬舎さんのHPからあらすじコピペしたのですが、主人公たちは第4係じゃないです。
第4の応援していたりするけど、第3係です。
第4係って、井上と尾形のところじゃん!!と訳もなく萌えたのに…。
まあ、そういうこと。
この作品読みながら、コチラの映画を思い出したよ。
もう一回観に行こうと思っていたのだが、いろいろと忙し過ぎていけませんでした。
DVD買うからいいや。

で、この作品なんですが、シリーズ化するのですかねえ〜。
っていうか、雑誌の方で掲載された『甘い水』という作品では今回の脇役やチラッと出てきただけの人とか、名前だけの人とか出ているのですよね。
今回の作品は時系列的には数年前?
遠藤がまだSATにいるから…。
こちらのほうは秋頃に単行本が出るようです。
書き下ろしあるかなあ〜。

まあ、そういう他の人たちが主人公の話があるから警視庁警備部シリーズとして続くみたいだけど、今回の主人公、特に攻めのバッグボーンが書ききれていないと思うのだけど…。
兄との確執と、かつての公安での出来事とか、その追っていた事件の陰謀とか。
そういう謎とかが結局解決していないからさ〜、なんとなくモヤモヤ感が…。
他の人が主人公の作品でもいいから、そこらへんをちゃんと書いて欲しいなあ。
まあ、こういう陰謀って云うのは巨大な闇組織につぶされてしまうのが定石?
なまじ、悪があばかれるとかいう展開をすると陳腐になりそうな気はするけれど、謎の一部くらいは解決して欲しいような。
あと峯神の元カノがどうなったかも、もうちょっと掘り下げて欲しいような。
とにかく、続きが気になるってことで!!
2011.04.30 Saturday 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「デミアン症候群」7巻 著者:沖麻実也 | main | 読書メーター2011年4月 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 15:13 | - | - |