<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ライトノベル」1巻 著者:なるしまゆり

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
自分が書いた小説通りに、殺人が起きたら……どう思う?

小説と同じ名前の人物が小説と同じ方法で殺されていくとしたら疑われるのは……。
大学生にして、人気ライトノベル作家の左々暗(ササクラ)龍は自宅マンションで、自分のファンだという少年・ミカトと出会う。ミカトという名前は左々暗の小説に出てくる登場人物と同じだった。この出会いに、左々暗は必要以上に気まずい思いをしていた。なぜなら、書き上げたばかりの作品の中で、左々暗はミカトを殺してしまっていたから……。

なるしまさんの新作…。
きっと、同じことを云いたい読者は沢山いるはず…。


web拍手 by FC2


新作の感想の場でコノことを云うのは無粋というか…。
何事もなかったようにスルーしてあげるのが大人の対応なのかもしれないと、やはり叫ばずにはいられない!!

なるしまさんは他に描くべきものがあるだろう!!


いや、別にこの作品を否定するわけではない。
新作は新作で楽しみである。
ただただ、ずっと続きをまっているアノ作品はどうなっているんだ?
と思ってしまうのは致し方ない。
未完の女王に追加認定されるのか?(未完の女王=前○珠子さんなど…)

まあ、そのことはココで述べたってどうしようもないから、置いといて新作である。
最初はやっぱり、「少年魔法士のつづきはどうなっているんだよ!?」とぶつぶつ思いながら読んでいたためか、イマイチ理解が出来なかった。
そして、もう一回読み直したら、面白かった。
イマイチ世界観に理解出来ないのは変わらないのだが…。
謎めいた登場人物、謎めいた事件…。
どういう展開になるのか…。
理解が出来ないが、今後への期待感は大きいものだった。
こちらの連載はサクサクと続いているようなので、近いうちに2巻が読めるということも安心感があるというか〜。
次巻が楽しみである。

で、まあ、こちらも楽しみであるが、あちらもずっと待っているので、なんとか頑張ってもらいたいものである。
もしかすると作者だけではどうしようもない理由があるのかもしれないけれどさあ…。
それなら、それで自家出版とかさあ…。
どうなんでしょう?

2011.05.24 Tuesday 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「悩める秘書の夜のお仕事」著者:黒崎あつし イラスト:テクノサマタ | main | 「キミの隣は俺のもん! 」著者:奥田七緒 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:14 | - | - |