<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「憂鬱な朝」3巻 著者:日高ショーコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
家柄も爵位も関係ない、ただ一緒にいたい――。
桂木(かつらぎ)への激しい恋を抱えながら、佐条(さじょう)公爵家の令嬢との婚約話を進める暁人(あきひと)。
将来を見据えた暁人は、親友・石崎(いしざき)の父に媒酌人を依頼する。ところが石崎は、「代わりに、桂木智之(ともゆき)が欲しい」と交換条件を出してきた!! 同じ頃、元書生の雨宮は、桂木の出生に関わる資料を発見して!? 

3巻です。
まだ続きます。
でも、多分次で完結かな?
わからないけど…。


web拍手 by FC2


ギャー!!続きー!!

思わず、叫び、そして身悶え、床をバンバン叩き、そしてゴロゴロと転がりたくなるようなところで終わっていた…。
本当に、なんていうところで…。
ゼイゼイゼイ…。
思わず、この続きが載っているキャラセクの7月号を買いに行きたくなった…。
本誌のキャラは立ち読み出来るのだが、キャラセクは立ち読み出来る本屋においていないために全然展開を知らなかったのだよ…。
何話は読んでいたのだが、まさか、その直後にこういう展開が待っているとは…。

とまあ、大興奮なのだが、実のところ桂木の出生の秘密って云うのはある程度予想通りではあるのだよね〜。
だけど、桂木のその後の行動が予想外だった…。
いや、全く予想していなかった訳ではないかな?
こうなればいいなあ〜と思っていたかな。
でもまあ、その願望を超えていたかな。

完結が近づいてきたのはわかるのだが、どういう結末が待っているのは、やっぱりわからないしさ。

しかし、今回の巻はいつも以上に2人だけの話だったな。
いや、最初からそうなのかもしれないけれど、雨宮がどうあがこうとも、桂木の家がどうしようと、石崎の父親がどう云おうと、それはあくまでも外野の出来事…。

桂木の変化が物語を変えているのだよね〜。
先代と先々代の呪縛というか、その復讐というかそういうものに囚われていたといってもいい桂木…。
それとは対称に父親との思い出があまりないために自由な暁人。
その暁人の柔軟さに触れることで呪いが解けてきた?
でも、まだお家を守るって云うのが残っていたり…。
2人を繋ぐものがそのお家というものであり、2人を引き離しているのもそのお家というものでもあるような…。
とにかく、待て次巻!!
1年後くらいだと思うけどさ…。

で、早く出てくれることを待っているが、ルチルと花音の話も待っている…。
ああっ、日高センセイが3人くらい居たらいいのに…。

2011.05.27 Friday 22:55 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 本日のつぶやきというより叫び!! | main | 「誘眠ドロップ」著者:崎谷はるひ イラスト:山田シロ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:55 | - | - | 









憂鬱な朝 3
 「この子供から全てを奪ってやる・・」   憂鬱な朝 3 (キャラコミックス)(2011/05/25)日高 ショーコ 商品詳細を見る はぁああ・・何て艶めかしい〜 遂に明かされた 桂木の出生の謎と心の闇--- 「ず...
| shaberiba | 2011/05/31 12:57 AM |