<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「カウンターの男」著者:火崎勇 イラスト:こあき

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
バーテンダーの安積は、ひょんなことから助けたヤクザのような男・播蛇に恋人のふりをしてほしいと頼むはめになるが…

個人的には嫌いではないのだけど、なんとなく惜しい作品と云いますか…。
辛口採点で行きたいと思います。
いや、個人的には嫌いではないのだよ…。


web拍手 by FC2


受けが男前です♪
ヤクザ相手でもひるまないし、喧嘩は強いし!!
素敵すぎる♪
で、美人のバーテンダー…。

なのに、なんか一歩足りないというか、どうも話にのめり込めないというかなんとういうか…。
受け視点で淡々と状況を語られているのが原因か??

火崎さんの作品ってあまり読んだことないのだけど(作品数に対してだけど)、なんか独特な展開することあるよね〜。
いや、展開は珍しくないけど、切り口が独特というか…。
っていうか、語り口調が独特なんだよ…。
妙にクールというか客観的に受けなり攻めなりが語っていて、妙に読者に対して一線引いているというかなんというか…。

今回の受けはクールビューティーということなのだろう。
ノンケのヤクザが男なのに抱けると思うくらい美人なのだろう。
客だって、懸想する。
だけど、そんな相手にもクールに対応。
う〜ん。
美味しい設定なのに、なんかそう思えない。
クールというよりは無愛想なんじゃない?と思えるし…。
いや、世の中ツンデレというものがあってさあ〜。
と思うのだけど、ツンデレとは思えないな。
なんていうか、可愛気がイマイチ感じない。
好きな相手に対してもツンツンツンじゃなくて、無愛想というべき態度。
というか、感情がわかりにくい。
いや、それはそれで美味しい設定のような気がするのだけど…。

で、何が足りないか考えたのだが、どうも私はこの受けに「色気」を全然感じなかったのだよね〜。
ツンツンツンでも可愛いとか萌え〜とか感じるのは、色気があってのことだと思う。
例え、それが攻めに対して限定のものだとしても…。

今回の作品は文章からも色気が感じなかったし、イラストからも感じなかった。
イラストは割と好みの絵柄ではあったのだよ。
でも、なんとなく荒削りな感じ。
受けの男前っぷりは感じ取れたけど、色気が感じはしなかった…。
少なくともノンケのヤクザが抱いてもいいと思うとは…。
しかも、水商売のひとなのに色気がないのは〜。

割と好きな話ではあったけど、萌えを感じるかといえば別問題。
もっと、艶のあるイラストだったら違ったかも〜。
イラストのひとはいいと思うが、作風とミスマッチだったのではと思えるものでした。

っていうか、可愛気は脇役が持っていたな。
そちらの恋のその後の方が気になるかも…。
2011.06.08 Wednesday 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「警視庁十三階の罠 警視庁十三階にて2」著者:春原いずみ イラスト:宮本佳野 | main | 「流れ星ふる恋がふる」著者:鳥谷しず イラスト:大槻ミゥ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:54 | - | - |