<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「偏愛メランコリック」著者:夜光花 イラスト:蓮川愛

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
出版社に勤める敦彦は、人形作家・夏目錬三郎との仕事にうんざりしていた。溺愛する人形に瓜二つだという敦彦の顔に異常な執着を見せる夏目は、ことあるごとに愛を囁き身体に触れてこようとする。理解できない言動と人形恐怖症に悩まされる敦彦だったが、人形を壊してしまった代償として、夏目と寝てしまう。後悔する敦彦に対し、一途で天然な夏目の愛情は暴走し始めて……。


夜光花さんの新刊。
なんか、立て続けに出てるね。
キャラのは読んでいないけど。
しかし、カバーイラストだけみるとシリアスっぽいよなあ…。


web拍手 by FC2


夜光花さんの作品はそんなに読んでいる訳ではないけれど、(全体の3分の1くらいになるのかな?もっと読んでいるかと思っていたが、あんまり読んでなかったのね…)作品傾向のイメージとしては重苦しいというか暗いというか、とにかく明るい作品とは云いがたいよなあ〜っていうものである。
因習とかそういう仄暗いものに囚われていたりっていうかなんていうか…。
でも、そういう作品ばかりかかれていると反動がくるのでしょうか?
ばかばかしいというかかっとんだ主人公を書きたくなるのでしょうか?
って、私が読んだ作品ではコレくらいなんですけどね…。
読んでいない作品のなかでそういうノリのあるのかな?
かっとんだ性格の主人公とか…。
まあ、自分が喰われかけたくせに「喧嘩はやめて〜、2人をとめて〜」と竹内まりやさんの唄かよと云いたくなる受けは話全体はシリアスでもかっとんだ性格だとは思うのだけどね…。

今回の作品はコメディ寄りなのかな?
夜花さんは可愛い話を目指したらしい。
受けより攻めが可愛い感じになったというのは同意出来るが、可愛いと同時に病んでもいる…。
ヤンデレ?
かっとんだ性格の攻めに振り回されて…とコメディ寄りっぽいのに、正直そこまで笑えはしなかった…。
いや、作者が笑いを狙ったのかどうかはしらないが…。
正直云って、受けに感情移入ができなかったのですよ〜。
先輩社員にも指摘されているのだが、本人はこんなに頑張っているのに!!って思っているけれど、態度が悪かったりするからね。
人形が嫌いなのはまあわかるのだけど、おいおい仕事なんだから…って読んでいて思ったし、借金を返すのが大変だから寝てもいいかと流されたり…。
まあ、そんな自分の周りに居たらあまり嬉しくないタイプだったからね。
あと、コメディ話に徹するにはキャラが中途半端だったからな〜。
まあ、実際は後半シリアスだったけどね。

人形とかつくっているクリエイターがその人形に似ているとか思って受けに惚れ…という展開の話なら、コッチの作品の方が個人的には面白かった。
別にピクスドールよりテディベアの方が好きだからってわけじゃないよ。
やっぱりキャラがたっていたというか〜。
脇役も個性的だったしね。
あっ、今回のは脇役もちょっと印象薄いよなあ〜。
結局、コメディではないってことなのか?
結局、中途半端な作品という印象だったな。

ただ、遅○攻めという新たなる世界は読めたけどね。

あと、プランタン出版のHPの後日談も読んだよ…。
やっぱり、受けは無神経なところがあると思う…。
2011.06.17 Friday 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「うちの巫女にはきっと勝てない」著者:神奈木智 イラスト:穂波ゆきね | main | 「初恋のあとさき」第2話 著者:日高ショーコ(花音2011年7月号) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 00:04 | - | - |