<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

新人さん2人。

JUGEMテーマ:読書



珍しく、新人さんの作品を読んだので、2作まとめて感想。
今後の期待を込めて…。


web拍手 by FC2


「見栄張りあってすれ違い」著者:ゆくえ萌葱
【あらすじ
】広告代理店の人事部で働く生真面目な山本には苦手な男がいる。それは同じ会社の営業部に所属する、遊び人の桜坂だ。正反対の二人だったが、社員寮が隣というだけの理由で社内ではライバル兼コンビ扱いをされていた。桜坂とは絶対に親しくなることはないと思っていた山本だったが、ある夜、鍵を失くしたという彼を部屋に泊めることになってしまい……。
描き下ろしは20p以上☆

生真面目な男と遊び人の男。二人の不器用すぎる恋愛の結末は――

二次パロ(銀魂)では有名な人なのかな?
二次パロというのはそのジャンルでは神でも興味のない人間には全然知らない人だったり…。
ということで、全然前知識なしで手に取る。
タイトル買いです。
絵に惹かれたわけでもない。
悪い印象はないけれど、絵柄で惹かれるものでもない…。
しかし、どうしてもタイトルが気になって。
このタイトル、この表題作だけでなく、ライバルサラリーマンBL全てのキャッチコピーになるのではないかしら?
絵柄は好みではないが、味があるというか。
攻めがキラキラしたひとたちで、受けが地味らしいのだが、はっきり云って、キラキラした攻めのバックに貼られたトーン効果や、他の人物たちにキラキラしていると説明していない限り、地味らしい受けと変わらない…。
みんな三白眼だしさ〜。
でも、そういうのは問題ないような気がする。
話だって、そう目新しいわけではない。
だけど、受けと攻めの間に流れる空気というか、距離感の絶妙さ。
買って損はなかったなと思うものであった。
今後の活躍に期待したい。


「親友以上」著者:野坂花流 イラスト:穂波ゆきね

【あらすじ】
大手銀行の審査部に勤める結城圭介は、ある日、上司の命令で本来の業務外ながらも新進気鋭のフォトグラファーの写真展の補佐をすることになる。
出向いた応接室にいたのは、八年前、親友だったはずの自分にキスをした男──佐々山右京だった!
二度と顔を見たくない、感情に任せそう叫んだ自分の前から、右京は本当に姿を消したのだ。
そして、いま…… 気まずさを隠せない圭介に、右京は平然とした態度をとるのだが!?

大洋さん、大プッシュ作家さんなのだろうか?
HPに行ったら、特設ページがあった。
あらすじを読んだ限り、よくある話だなあ〜と思った。
でもまあ、再会ものは好きだし、他に買う本なかったし、なにより、穂波さんのイラストに惹かれて購入。
中身を読んでみたところ、よくある話という印象はそのまま。
再会もののよくあるパターンかな。
しかしながら、丁寧な文章が好感。
確かによくある話なのだが、丁寧に心情を書いているので、飽きずに読むことができた。
しかし、個人的には2人を引っ掻き回したリクはその後どうなったのか?右京に怒られたりしなかったのか?
リサが中途半端だったなあ〜。
お互いの気持ちが通じ合った2人にとっては、どうでもいいことなのかもしれないが、そこらへんのフォロー、リクがどんなに云おうと圭介がいいのだと宣言する後日談とかがあったら良かったのにとか思ってり…。
脇役のフォローがあったら、もっと良かったのになあと思いながらも、こちらも新人さん。
今後に期待したいと思う。
2011.07.07 Thursday 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 追悼、和田慎二先生…。 | main | 「ダブル・バインド」3巻 著者:英田サキ イラスト:葛西リカコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:39 | - | - |