<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋人がなぜか多すぎる」著者:神奈木智 イラスト:高星麻子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
旅先でバス事故に巻き込まれた従兄が、意識不明の重体!!
しかも目覚めた時には記憶を失い、別人に意識を奪われていた!?
美貌だけれど、意地悪な俺サマだった聖人(きよと)の様子に、弟分の瑛(あきら)は呆然!!
でも、不遜な物言いや態度は似ているけど、優しい眼差しは確かに別人──。
俺は聖人じゃない」と主張する彼を信じた瑛は、聖人と一緒にいまだ意識不明の本体候補の四人の青年を調べ始めて…!? 

なんていうか、盛りだくさん過ぎ…。
多様化するBLで、定番のものをすればワンパターンといわれるから、色々と作家さんも考えられるのだろうけど…。


web拍手 by FC2


転校生ネタと記憶喪失ネタをミックスしたような作品。
転校生ネタって、映画『転校生』のことね。つまり入れ替わりネタのこと。

事故にあった従兄。目覚めたら別な人格。どうやら一緒に事故にあった、まだ意識が戻らない4人のうちの誰かと入れ替わっているらしい。しかし、自分が誰だか覚えていないので、その誰かがわからない…。

ミステリーというほどでもない。

入れ替わった相手は誰かというのは大体予想出来ていたし。

予想出来ていたが、違うのではないかとも思った。
別に巧くミスリードに導こうとしていたからという訳ではなく、あまりにも攻めかもしれない人物の印象が薄いから。
つまり、本来の身体と人格が伴っていた時のことがね。
まあ、受けがその時点のことを知らないってこともあるのだけど、それでも他人から聞いた萌えエピソードがあるわけでもないので、本当にコイツかしら?と思ってならない。
もしかして、受けを手に入れようとした従兄の策略かしら?とも思った。つまりは人格入れ替えなんかおこっていないというやつ。
あと、もうひとりの候補。
従兄の親友である菊池。
こちらは従兄である聖人のことを好きで、物語の冒頭で告白をしております。
だから、除外なのですが、もしかして聖人に告白しているように見せかけといて、お前の従弟の瑛が好きなんだと告白しているのかしら?と読み返してしまった。
そんなこともなく、記憶が戻った後はこちらもハッピーエンドとなりまして、まあ、なんていうか消去方で初めに予想していた彼がそうでした。
めでたし、めでたし。

でもまあ、ちょっと凝り過ぎでしたね。
他に意識が戻らないひとが2人いて、そこれのひとたちの話もあったりして。
なんせ、カバーイラストに6人ですよ。半分は顔が見えませんが…。
主人公モテモテ王国話でないのに、こんなに登場人物がいるのも…。
っていうかさあ、攻めの本来の姿が後ろ姿。
カバーどころか中身のイラストにも出てこない。
従兄である聖人のときのカットばかり…。
たしかに、そちらの姿でいる時がほとんどで最後の最後で本来の姿を取り戻したわけなんだけど…。
でもさあ、一応本来の姿に戻って閨でのシーンがあるのよ。
普通そこのイラストが…。
カラー口絵でしかイラストのない攻め…。
しかも他の候補者と扱い一緒。
まあ、カラー口絵の扱いでばれたら困るとは思うが…。
しかし、不憫としかいいようがない…。

そのように印象の薄い攻めでした…。
凝りすぎて主軸がぼやけたね。
っていうか、こういう候補がいっぱいいるっていうのは恋愛シミュレーションゲームみたいなノリなのかな?
ゲームしない人間にはついていけませんでした…。
2011.09.15 Thursday 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「セーフティ・ゲーム」著者:砂原糖子 イラスト:金ひかる | main | 「ひとひらの祈り」著者:崎谷はるひ イラスト:冬乃郁也 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:48 | - | - |