<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「天国へ行けばいい」著者:円陣闇丸

6月初めくらいに届いたダリアの全プレ小冊子のイラストを見た時から、物凄く気になっていた作品です。
8月発売が9月になり、さらに10月になり、はたまた発売日未定となり、大変やきもきさせられましたが、無事発売となりました。
関門海峡の呪いも乗り越え、今日ゲットできましたよ♪

天国へ行けばいい
天国へ行けばいい
円陣 闇丸

【あらすじ】
ボクサーの道を諦めた守谷と、その試合を見てヤクザをやめた渡瀬。 見知らぬ2人は、交通事故の直後、生と死の間・ゼロ地点で出逢う。 そして謎の女性から、生き返る為の方法を教えられる…。 「一緒にゼロ地点から生還しましょう」──優しい渡瀬に惹かれはじめる守谷だったが、別人のように冷酷な渡瀬が現われて!? 待望のデスティニー・ラブ 描き下ろし続編17Pも収録!!

拍手する

今さら、私が云うことでもないですが、コミックスは4冊目ですが、イラストレーターとしては大変人気の方です。
ワタクシの挿絵買い作家のナンバー1ですね。
円陣さんのイラストに惹かれ買ったBL本については、ここを見ればわかりますが、それ以外にも『情熱シリーズ』とか、ざっと本棚見ただけで何冊もあります。
はっきりって、ダントツです。
そんな円陣さんの貴重なマンガがやっと出ました。

円陣さんのマンガは不思議設定が多いですね。動物の言葉がわかるとか、バーチャル世界とか〜。
で、今回の作品は、事故で死んだ元ボクサーと元ヤクザの2人が、宇宙人の実験台にされるというか〜。生き返るため、『処女の血』と『精液』を集める羽目に…。
『精液』って…。
いくら元々ゲイだろうと、そんなもん集めさせられるなんて…。
円陣センセイの当初のテーマが『エロ』だったからか?
しかし、守谷が健気で可愛い…。
小冊子のイラストを見た時は、どちらが攻?とか思ったけど(笑)
まあ、それでもボクサー受がいいよな〜と思っていました♪
円陣センセイの描かれるキャラは、どれもワタクシのココロを鷲掴みにするのですが、特に黒髪受は凶悪といっていいほどの色気にやられっぱなしです。
まあ、黒髪攻のオトコのフェロモン垂れ流しにもやられていますが〜。
そんな円陣センセイの黒髪キャラの素敵さは毎回のことなのですが、本当に守谷が可愛いし、そしてオトコらしいです。
そして、脇役であり、キーパーソンである、阿久津。
これがまた、円陣黒髪キャラの素晴らしさをあらわしています。フェロモン垂れ流しキャラです!!
物語は後半、その阿久津に絡んでくるわけです。
この作品って、三角関係なようで、さらに四角関係なんだと思いました。
守谷と渡瀬と阿久津、そして5年前の渡瀬の四角関係なんだと。
しかし、気になるのは渡瀬と阿久津の出会い。拾った日に、お揃いの蝶の入れ墨をいれさすなんて、エロ過ぎです…。
正直、守谷が渡瀬と阿久津の関係に嫉妬するのは仕方ないかと〜。
書き下しで、フォローしていたけど、あの2人の過去は気になるよ。
2007.01.29 Monday 22:08 | comments(10) | trackbacks(5) | 
<< ページランキングをつけてみました | main | 「秘書の条件、社長の特権」著者;中原一也 イラスト:タクミユウ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:08 | - | - | 
明夜 (2007/01/31 3:20 PM)
はじめまして。
私も円陣さんは挿絵買いしてしまう作家さんの一人です。
今回、漫画は久しぶりな感じで、買ったのですが、相変わらず不思議設定でしたね。笑

>この作品って、三角関係なようで、さらに四角関係なんだと思いました。

確かにそうですね!
過去の渡瀬にまで、意識を回しきれてなかったです。
ということは、渡瀬は過去の自分に嫉妬したりもしていたり、するのかしら。。。

ほんと、渡瀬と阿久津の関係は気になるところ。
何もなくても気になりますよね。

TBさせて頂きますー。よろしくお願いしますVv
miku (2007/02/01 12:44 AM)
こんばんは!

読みました〜!
もうはーこさんの感想まんまです!
守谷は健気でかわいいし、受けなのに攻めでもいけるくらいかっこいいし、阿久津も脇キャラだけどかっこいいし、渡瀬と阿久津の過去関係も気になるし!
これ続きないんですかね〜・・・。いろいろと気になることばかりです。

今「情熱」シリーズ読んでいて、こないだまで「SASRA」も読んでたし、円陣さんブーム吹き荒れ中です!

TBお願いします!
はーこ (2007/02/01 11:14 PM)
明夜さん、こんばんは&はじめまして♪
コメントありがとうございます♪

本当に円陣さんのイラストは素敵ですよね。おもわず手にとってしまいますよね〜。
そんな円陣さんの貴重なマンガ、不思議設定なのは持ち味なんでしょうね〜。
挿絵に比べてマンガが少なすぎるので、どうしてもそういう印象になってしまいますね。

だけど、本当に阿久津が気になります。
あの存在感は、主役二人を喰ってますから〜。
どこかで渡瀬と阿久津の過去話を描いて欲しいと本気で思っているのですけどね。
無理でしょうけど…。
何もないのでしょうけど、想像してしまいすよ♪

TBもありがとうございました。
よかったら、また遊びに来てください♪
はーこ (2007/02/01 11:21 PM)
mikuさん、こんばんは♪

本当に守谷は凶悪なくらい可愛いです♪それでもって、潔くてかっこいいです。
元はノンケでもあの色気にはフラフラしてしまいますよ(笑)
そして、阿久津!!渡瀬との話を本当に描いて欲しいです。
でも、例の「Daria」の全プレ小冊子はイラストのみみたいですよね〜。
円陣さん、売れっ子だからマンガまでなかなか手がまわらないだろうな〜とは思うんですけどね。
でも、本当に気になります。
TBありがとうございました。
tatsuki (2007/02/04 10:29 PM)
はーこさん、こんばんは!
今回は珍しく言及TBをさせて頂きました。
とても人様にお見せできないような文章未満の、
過剰書きメモで大変恥ずかしいのですが、よろしくです。

そういえばこの作品はかなり昔に購入したダリアでちょこっと読んでました。
(いざ読んでみるまで、すっかりそのコト忘れてましたが)
この作品自体も意味深で大変楽しかったのですが、
難解なテーマでしたので、私はソコに手こずり躓きました…。
うん、でもこの作品に出会えた良かったと心より思います。
それでは!

にゃんこ (2007/02/05 11:45 AM)
はーこさん、こんにちは。

円陣先生、惚れますね。
マンガは挿絵と雰囲気が違うので多少戸惑いますが、絵を拝めるだけでも満足してしまいます(笑)

阿久津、存在感ありますね。
守谷が食われてる気がします…。
阿久津×渡瀬、ニアホモ場面をもっと見たかった!

次の円陣先生のコミックスはルコちゃんでしょうか。
今年中には出ますよね?楽しみです!

TBお返しさせて頂きました。
それではまた〜
はーこ (2007/02/05 9:49 PM)
tatsukiさん、こんばんは♪

円陣さんのマンガって、難解というか、一度読んだだけではよくわからない作品が多いですよね。
この感想は、読んだその日に書いたのですが、他の方の感想を読んだり、また読み直してみると、色々と違った解釈ができるような気がしてなりません。
でも、そこが魅力的な作品でもありますね。
私もこの作品に出会えてよかったと思います。
TBもありがとうございました♪
はーこ (2007/02/05 10:03 PM)
にゃんこさん、こんばんは♪

いや〜、円陣さんの描かれる男性はどれもステキ過ぎです♪
特に、今回の阿久津は本当に主役二人をくってますよ。あのフェロモンにはクラクラものでした。
阿久津と渡瀬の関係をもっと掘り下げて欲しかったですよ〜。本当に気になります…。

ルコちゃん、今年中に出ますかね〜?
連載はあと2回くらいかなあと思っているのですが、コミックス化の際に加筆修正とかして遅くなったりしないかなあと懸念しているのですが…。
なんとか、今年中には読みたいです♪
相互TBありがとうございました♪
ハスイ (2007/02/11 9:07 PM)
はーこさん、今晩は。

この作品は、感想を取り上げていらっしゃるブログ様毎に、持ち味の違う感想があって面白いですねえ。

私と言えば、大混乱を来たしてしまって、すっかり感想文としては破綻をしてしまったのですが、

>この作品って、三角関係なようで、さらに四角関係なんだと思いました。
守谷と渡瀬と阿久津、そして5年前の渡瀬の四角関係なんだと。

冷静な視点で、アッサリとこう言った結果論へと辿り着いているはーこさんの視点と観点には、流石だなあと思いました。

出遅れ気味で申し訳ありませんが、TBさせて下さいまし!
はーこ (2007/02/12 2:11 PM)
ハスイさん、こんにちは♪

この作品の感想を取り上げているブログ様は多いですよね。本当に色々な感想があって面白いです。
私は、読んだその日に感想を書いたのですが、再読するたびに新たなる考えが出てきます。
そういう読者に色々と考える部分を残しているのが、この作品の魅力の一つなのでは?と思っていますが、本当に難解な作品ですよね〜。

TBもありがとうございました♪









「天国へ行けばいい」 円陣闇丸
天国へ行けばいい円陣 闇丸フロンティアワークス (2007/1/26) この商品の詳細を見る ボクサーの道を諦めた守谷と、その試合を見てヤクザをやめた渡瀬。 見知らぬ2人は、交通事故の直後、生と死の間・ゼロ地点で出逢う。
| ボーイズラブへようこそ | 2007/01/31 3:21 PM |
天国へ行けばいい 円陣闇丸
天国へ行けばいい円陣 闇丸 (2007/01/26)フロンティアワークス この商品の詳細を見る 円陣闇丸さんといえば挿絵家さんのイメージが強いのですが、この方のコミックは「Voice or Noise」を初めて読んだのですが、結構不
| BL本の日記 | 2007/02/01 12:45 AM |
天国へ行けばいい
今回は、感想は諦めました…大変難解な作品です、覚悟してください。 どうも円陣さんは、自身の漫画作品でBLジャンル自体を脱構築しているように見えます。 (二次パロディとしての)「やおい」がオリジナル作品をBL方向へ脱構築
| la aqua vita | 2007/02/04 10:19 PM |
天国に行けばいい
天国へ行けばいい円陣 闇丸 フロンティアワークス 2007-01-26売り上げランキング : 260Amazonで詳しく見る by G-Tools 円陣先生の絵には無条件に萌えてしまうにゃんこです。 絵が拝めれば満足なんです! 【天国へ行けばいい
| にゃんこのBL徒然日記 | 2007/02/05 11:38 AM |
天国へ行けばいい
【内容紹介】 ボクサーの道を諦めた守谷と、その試合を見てヤクザをやめた渡瀬。 見知らぬ2人は、交通事故の直後、生と死の間・ゼロ地点で出逢う。 そして謎の女性から、生き返る為の方法を教えられる…。 「一緒に
| +synapse∞type-bee+ | 2007/02/11 9:00 PM |