<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「蜂蜜彼氏」著者:和泉桂 イラスト:街子マドカ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
カフェでバイト中の大学生司は、まるで王子のようにカッコいい常連客・光瑠に惹かれている。そして光瑠も…!?

あらすじから薄々感じてはいたが、己の求めているものとは、ちょっと違ったような…。


web拍手 by FC2


和泉桂さんの作品というだけで色々と思っていたようです…。
正直云って、己が求めていたのとは違いました…。

ちょっと前に『清澗寺プレミアムブック』何ぞ読んだのがいけなかったのか…。
そちらの方面の話を期待して読んだせいで、期待していたというか、求めていたものと方向性が違っていた…。
まあ、あらすじから違うような気はしていたが…。
で、がっかりしたか…?
がっかりも多少あったが、そういえば、和泉桂さんってこういう系統の話も書くのだったという再確認という要素が強かった。
孔雀攻めっていうか〜。
妙に派手な美人攻めが過去にもあったなあ…というのを思い出した。しかも、けっこう年の差カップル。
攻めが年上でね。
よくよく考えたら清澗寺の三男カップルは美人攻めとか孔雀攻めに該当するのかもしれない…。
あの一族の濃ゆさが、そういうことを思い出せもしないものがあるのだけど〜。

まあ、とにかく、和泉さんってこういう話書く方だったなあ〜と思った作品でした。
実力のある方だから、可愛い話だったなあと面白く読めましたが、やっぱり和泉さんの作品のなかではインパクトに欠けたイメージが…。
っていうか、攻めがあんまり魅力的に感じなかったのだよねえ〜。
単に綺麗な人っていうだけで、容姿以外に惹かれた理由がイマイチなかったような〜。
受けがもっと不憫な子で、攻めがそれを包み甘やかすっていう設定でもなかったから…。
可愛い話だったけど、ゲイとバイが偶然に出会って、めでたし、めでたしっていうイメージが…。
他の作家さんならそれでも良かったけど、濃ゆい作品を書かれる作家さんだから、「薄い作品だなあ〜」っていう印象でした。
続いているシリーズとかはイラストレーターの関係とかもあるのだけど、早くそちらの方が読みたいなあ…っていうのが、正直な感想です。

2011.09.26 Monday 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 17歳!? | main | 「どこにもない国」著者:草間さかえ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:40 | - | - |