<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「世界一初恋 〜小野寺律の場合〜」6巻 著者:中村春菊

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
好きになるのに「理由」はない。――そんなの絶対あり得ない!

出版社・丸川書店に勤める新米漫画編集者の小野寺律(おのでらりつ)の上司は「初恋の人」で「元恋人」でもあるエメラルド編集部の敏腕編集長・高野政宗(たかのまさむね)。ある日、営業部の横澤隆史(よこざわたかふみ)への反発から思わず高野のことを「大嫌い」と言ってしまった律は、タイミング悪くそれを高野本人に聞かれ動揺する。高野を再び好きになりつつある自分を自覚した矢先の出来事――。
一方、その一件をきっかけに高野は横澤との関係にある結論を出すが…!?
敏腕編集長×新米編集者が贈る、編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ♥高野の視点で初恋を語る「高野政宗の場合」&描き下ろし漫画も収録!

今回も通常版を購入。
小冊子とかなら初回限定版を買うけどね〜。
DVDは敷居が高い…。


web拍手 by FC2


酷いところで「次巻につづく」となっていた4巻5巻
それに比べれば、なんと落ち着いたラスト…。
いや、終わっていないけどね。
堕ちるところまで堕ちたような気がするけれど、小野寺が一向に認めない。
いや、まだ横澤さんに対しては認めたりしている。
ただ、その自分の気持ちを一番に向けなければならない相手である高野さんに対してはツンツンツンツンツンツンツン…。
……。
ベッドのなかでしかデレがこない…。
本人認めないけど…。
快楽にドロドロに溶かされ、いろんなことがどうでもよくならないと出ないデレ…。

ツンデレが大好物である。
ツンが多い方が萌える。
まあ、8対2くらいがベストなんだけどさあ〜。
でも、デレが多いよりはツンが多い方がいいと思っている。
でもね、でもね…。
毎回毎回同じような引きだとねえ…。
いい加減に恋に堕ちたまえ…。
ほとんど堕ちているけどね。
あとは高野への申告のみなんだけど…。
それが一番ハードルが高いのだけどね。

しかし、あと160日どうするのか?
問題は小野寺の家庭問題なんだろうなあ〜ってこと。
どれだけ続くの?
あと3巻分くらいありそうな…。
家族が云々って『純情ロマンチカ』と同じような展開のような〜。
まあ、同性同士の恋愛って、これが大きな問題だから同じような展開になっても仕方ないのかもしれないけどさ。

しかし、当て馬・横澤さんが気の毒なような〜。
なんていうか、振るにしろ、もっと…、こう……。
ある意味、引導を渡すシーンの切り口が容赦ないというか…。
横澤さんの気持ちの行き場がないじゃん!!
高野さんって、こういうところがデリカシーがないっていうかなんていうか…。
っていうか、そういうことあって、「友達」でいられると思っていたのか?っていうかなんていうか…。
少女マンガ雑誌の編集長の割には心の機微っていうものがわかっていないような…。
そういうデリカシーのなさが小野寺を素直にさせない原因でもあるのだけどねえ…。
そんな高野さんの高校時代のピュアな気持ちの話も読めた6巻。
でもさあ、小野寺に誤解の上に去られ、両親の離婚とあって、高野さんっていっぺん壊れたのかもねえ〜。
そんな高野さんを支えていたっていうのがアイデンティティといってもよかった横澤さん…。
これは、やっぱり、かなりショックだよなあ…。
別に高野さんと横澤さんをどうこうとは思っていないし、あくまでも横澤さんは当て馬だと思っているけど気の毒すぎる…。
横澤さんも幸せになってもらいたいなあ…と思っていたら…。

思っていたら…。
思っていたら……。

来月のルビー文庫のラインナップ

『世界一初恋〜横澤隆史の場合〜』


小説版で救済話が来たかよ!!
で、角川のHPのあらすじだと


ずっと好きだった親友・高野政宗に振られやけ酒を煽った出版社・丸川書店営業部所属の横澤隆史。ふと我に返ると知らないホテルにいて…?

スミマセン…。
とっても的外れな質問かもしれませんが……。
横澤さんって、受けなの?攻めなの?

いや…、高野さん相手なら受けなのかなあ〜と思うけど、それ以外の人に対してはどっちなの!?
もし、受けポジションになるのなら、高野さんなんか霞んでしまうゴージャスなアイテムを伴う攻め様が相手だといいなあ〜。
高野さんなんか霞んでしまうスーパー攻め様…。
どうなんだろう?
とりあえず、来月のお楽しみ!!
2011.10.04 Tuesday 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2011年9月 | main | 「僕のやさしいお兄さん」4巻 著者:今市子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:17 | - | - |