<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「蜜情」著者:岩本薫 イラスト:北上れん

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
駆け落ち同然で愛する恋人・賀門と日本を離れた迅人。
自分が狼に変身する人狼一族であることを知ってなお、心も体もめちゃめちゃ愛してくれる賀門と、甘い蜜月を過ごしていた。
しかし、謎の男たちに襲われ、賀門は急遽帰国を決意。迅人の弟で、やはり人狼の峻王とその恋人の侑希に助けを求めるが、四人の想像を遥に超えた事態が起きて…!?
大人気シリーズ第3弾は「発情」&「欲情」のダブル主役!
ハイパーエロス満載のオール書き下ろし♥

どうも…。
本当にBL小説では久しぶりの感想です。
っていうか、リハビリするにはとてもよいくらいのツッコミ満点の作品です。
誉めているのか!?って云われそうだなあ〜。
でもさあ、このシリーズの過去作品読んでいる人はツッコミ満点だというのはすでにご存知だと思います。
まあ、過去作品をさらに超えたというか〜。
所詮はフィクション。
なんでもありなんですよね…。


web拍手 by FC2


・人外に変身
・オスが種族保存のためかメス化
・貴重なメス化する受け(?)を巡って、争奪戦…

なんか、過去になかったか…?
そういう話…。
と少ない脳みそをフル活動させて、思い当たったのが『ANIMAL X』であります。
狼でなく、恐竜だけどさあ〜。
といっても、私が読んだのは最初の最初の角川版全4巻。
そのころ、そういう設定がとっても地雷だったワタクシは「とっても面白いよ♪」といって、4冊を目の前に突き出した友人Mちゃんの義理のために一読しただけで、その後、charaから出た続編は読んでいません。

ちょうど、BL読みになる狭間の作品なんだよね〜。
まあ、機会があれば読んでもいいが、なんかイロモノ過ぎてねえ〜。

で、今回の作品。
イロモノがさらにイロモノへ…。
もはや何でもありだろう。
ここまで行くなら、センセイがメス化してもいいんじゃない?
センセイが大怪我して、人狼の血を輸血したら、センセイも人狼化。
なおかつ、メス化したりという展開してもいいのでは?
もはや、誰も文句は云わんよ。
それが岩本クオリティだから〜ってことで片付けていいのでは?
だって、今回だって、もう笑うしかないのだから〜。
今更、ツッコミどころが一つ増えたってさあ〜。

しかしなあ、メス化云々以外があっさりと…。
なんとか一族、それでいいのか?
滅びゆく一族なら、3人死んだとかそういう問題では。
だって、もやは1か0かってことでしょ?
そんなわざわざ海渡ってまで行おうとしたのにさあ〜。
だって、このままでは滅びるだけなんだもの。
じゃあ、一縷の望みにかけて、戦うのでは…。

とまあ、云いたいけれど、こういうご都合主義的なのも岩本クオリティ…。
う〜む、この3作目必要だったのかなあ…。
私はなくても構わなかったかな?
別に、世界観壊されたとも思わないけどさあ〜。
とりあえず、2組カップルのエロが堪能出来る。

しかし、その息子達よりも妖艶であるパパリン。
彼は死んだ妻一筋のままなのか?
個人的には義理の弟(妻の弟)となんかあるのかと思っていた。
狼は伴侶はひとりと決めているらしいから、パパ編はなしのままなのかねえ〜。
それなら、必要以上に美形でなくても…。
2011.10.21 Friday 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「初恋のあとさき」最終話 著者:日高ショーコ(花音2011年11月号) | main | 「僕と彼女の×××」8巻 著者:森永あい >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:58 | - | - |