<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ダークフェイス」「ディープフェイス」著者:秀香穂里 イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「今さら後悔しても遅い。これは忠告を無視した当然の罰だ――」
新聞記者の貴志誠一は、ある殺人事件の記事に疑問を覚える。閑職に追いやられ、暇を持て余していた貴志は、その秘密を一人で探ることにするが、事件において重要な鍵を握っているのは、警察官僚の篠原亮司だった。
怜悧で冷たい雰囲気をまとう篠原は、貴志にまともに取り合おうとせず「関わるな」と忠告する。しかし貴志は、高慢な篠原に憤りを感じ、事件の裏側を探ろうと躍起になった。だがある夜、危険な匂いを漂わせる黒獣のような男に拉致され……。

秀さんで、ラヴァーズ文庫で上下巻。
イラストは奈良さん。
なんか、いろいろ濃いね〜。
ラヴァーズで奈良さんは確率高いけど…。
この文庫の少なくとも5分の1は奈良さんのイラストだと思う…。


web拍手 by FC2


「好奇心は猫をも殺す」って言葉がありますが…。

この本読んでいて、何度その言葉が頭を過ったことか…。
新聞記者という職業柄仕方ないのかもしれないけれど…。
それでも、おいおい、もうそこまでにしとけよ…と何度突っ込みたくなったことやら〜。
酷い目にあって、この事件を追うのは止めようと思ったりもしたのに、またもや真実を追い続ける…。
職業病?職業病?
ジャーナリストとしての使命?
う〜む…。
そんなこと云っていたけれど、なんとなくそういう高尚な考えで動いているようには思えないのだよね〜。
っていうかさあ…、突破口がなかったのかもしれないが、イキナリヤクザの会長のところに突撃するか?
スクープを売りにしている週刊誌の記者ならともかく、一応、日本でも有数の新聞記者なんでしょ?
求める記事のコンセプトが違うような気がするのだけどなあ…。
というか、そんな無茶をしておいて、無傷で帰れると思っていたのかい!?
アホなのか?と更にツッコミ…。

上司の失脚のとばっちりで花形部署を外されたために暇を持て余し、なおかつ閑職に追いやった人間を見返そうという気持ちと、狙った相手にすげ無くされ意地になり〜と色々な要素が重なったためか、視野狭窄になり、己の危機にも気付かなく、危ない世界に片足どころか両足、両手とツッコミまくってましたね〜。

リョウとの関係もストックホルム症候群?

エロが満載で濃い話でしたが、ツッコミどころも満載でした。

大体さあ〜、真犯人…。
色々と破綻しているのはいいのだが、今まで反撃してこなかった人間から反撃にあっただけで、あっさり捕まるってどういうこと?
ヤクザたちも尻切れとんぼだったなあ〜。

とりあえず、エロを堪能と、あらっ、こんなところに小林さんが…というのにニンマリした作品でした。
でも、なんとなく中途半端な結末でしたね。
残念…。
2011.11.14 Monday 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「世界一初恋 ~横澤隆史の場合」著者:藤崎都 イラスト:中村春菊 | main | 「恋する暴君」7巻 著者:高永ひなこ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:44 | - | - |