<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「リナリアのナミダ―マワレ―」著者:崎谷はるひ イラスト:ねこ田米蔵

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
すさんだ毎日を送っている佐光を、学校の売店店員・高間は放っておけない。ウザいと思いながらも高間に惹かれる佐光は!?


信号機シリーズの最新刊。
前回でチラッと脇役で出ていた佐光編。
時系列では、前回の1年前になります。
今回、辛口です。
っていうか、このシリーズはたいてい辛口感想。
というよりも崎谷作品はたいていそう?



web拍手 by FC2

何十冊も崎谷さんの作品を読んでいて、今さらですが…

崎谷作品の登場人物の年齢って意外と若いよね〜

ということに気がついた。いや、若いといってもショタとかでなく(数年前の作品で受けが若いと主に閨のシーンで舌ったらずでショタ臭かったが…)、登場人物のイメージがもっと上のような気がしていたのだよね。
しかし、よくよく考えたら、このシリーズ。今のところ「ヒマワリ」を除いたら、少なくとも主人公の片方は専門学校生だ。つまり、学生…。
今さらながら気がつく。
で、他の崎谷作品の登場人物を思い浮かべたら、一部を除いたら、ほとんど20代じゃない?
ルビー文庫から出た作品はもっと若い。それこそ、10代が多いよなあ。
まあ、主人公が学生というだけで、学園ものではないんだけど…。
だから、余計に実は登場人物の年齢が若いイメージなかったのだよね。

で、学園ものではないからという理由のほかに、登場人物の精神年齢というか〜。
崎谷作品の登場人物は実年齢より精神年齢が高いと思う。
しかし、大人っぽいというのではない。
精神年齢が高いというより、妙に人生を達観しているという印象がある。
いや、達観というよりも、まるで人生終わってしまっているようなことを云う。
それこそ、まだ20代のくせにしてさ。
本人はそれこそ真剣なんだろうけど、まだ平均寿命の3分の1も過ぎてないくせに、なに云っているんだ!?って感じなんだよ。実は20代だと改めて読むとね。
こちとら、アラフォーなんでねえ〜。
主人公のペシミズムぶりにはツッコミを入れたくなる。

確かに、3年連続受験に失敗したら(しかも、まともに受験さえできなかった)、20歳そこらで好きだった男の壮絶な死を見てしまったら…。
まあ、厭世的にはなるかもしれないなあ〜と思わないでもない。
しかし、あとがきで、崎谷さんが「佐光も高間も、あまりウェットな感じのないキャラクターで、…」とあったが、そうか?少なくとも高間は十分過去のセンチメンタリズムに囚われたウェットなキャラでない?それとも佐光限定ってこと?
少なくともドライな性格ではないだろう。2人とも…。

とにかく、過去のことにグダグダしていて、鬱陶しい印象が強かったので、今までのこのシリーズのなかでは説教くさくは思わなかった。
あくまでも、説教くさくはあったけど、それ以外の印象が強いから感じなかったというだけの話なんだけどね。


そして、主人公2人の性格以外にもツッコミを入れたくなる…。
最近の崎谷作品は電波キャラが出てきて、悪役をかって出ているなあ〜とか、主人公以上にその兄が鬱陶しい。
実の子どもでないことに10年も拗ねるなら、さっさと家を出ればいいじゃん!!
25歳にもなってさあ〜。
ニートでなく、ちゃんと働いているなら家を出ろよ!と本当に云いたくなった。
母親が可哀想だったよ。
佐光も父親にバイト反対されたからって、本当にバイトもしないで拗ねているとか…。
バイトは反対しているくせに夜遊びはOKってどういう教育方針だ?とか思ったりね。
あれっ、こう改めて書くと、全然大人っぽい登場人物ではないな!
う〜む、崎谷キャラが年齢高く思うのは、閨に置いて、熟れたことをするからかもしれない…。

しかし、シリーズが延長したら、年長者は「コントラスト」の常連で、年少者は専門学校生ってパターン。
昭生って、伊勢と落ち着いた今ならともかく、以前は色々いっぱいいっぱいで、そんな常連のことを親身に考えるひとでもないような印象なんだけど…。
朗の友達関係以外にはさあ〜。
そうでもないってこと?
とりあえず、佐光兄編とかありそうですね。
どこまでシリーズ続くのか…?

2011.11.20 Sunday 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「デビルズハニー」著者:夏目イサク | main | 「ほろ苦くほの甘く」著者:遠野春日 イラスト:麻々原絵里依 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 20:09 | - | - |