<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ほろ苦くほの甘く」著者:遠野春日 イラスト:麻々原絵里依

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】上司である須藤に密かに好意を寄せている綿貫。女子社員に強引に迫られている須藤を助けて以来、距離が縮まるが!?


今日も辛口感想。
遠野さんファンの方は読まない方がいいかも。
それなりに愛がある故の辛口感想でなく、己と好みが合わない故の辛口だからさ〜。


web拍手 by FC2


過去の遠野作品の感想でも述べているが、私の好みと遠野さんの作品は微妙に違うような気がする…。
その華やかな舞台設定などに惹かれて読むのだが、なんか私の知りたいことはサラッと書かれ、割りとどうでもいいことが長々と書かれていたり…。
ちょっと、攻めがどれだけゴージャスだとか、2人が関係をもった場所がどんなに素晴らしい豪邸とか宮殿とか、そういうことはどうでもいいんだよ。
そういうことでなく、どこでどういうことで、そういう関係になってもいいと受けが思ったんだよ!!
金持ちだからOKな尻軽なのかよ!?とツッコミたくなったことが何度か…。
それでも、イラストやあらすじに惹かれ読んでおりました。

今回の話は、遠野さんの作品にしては地味な感じ。
リーマン同士だし。
でも、多分、年収800万以上のエリートなんだろうな。
この不景気なご時世のなか、いい身分だ。
いや、あくまでもフィクションなんだけどなあ〜。
震災影響で冬のボーナスが期待出来ない身分としては疎ましく思ってしまうのだよ。
この世間から遠く離れた存在には…。
それでも、いつもよりゴージャスさはなかったな。

で、恋愛のほうもそれに比例して地味かな。
単身赴任で夫婦間もうまくいってないらしいけど、妻帯者である上司に秘かに想いを寄せる主人公。
見ているだけと思いつつも…。
とまあ、健気な受け。
うん、健気なんだよね。
途中まではそう思っていた。
ところがどっこい、突然、告白して玉砕。
攻めのヘタレ〜!!
と思いながらも、部下の暴走により危機に陥り、なおかつ、可愛がっていた同性の部下から告白。
まあ、普通の人ならパニックだよなあ〜。
ここで、OKなんてファンタジーだよ。
気の毒だけど、諦めな…と思っていた。
とまあ、可哀想な受けと思っているのだが、突然、イケメンのゲイが登場。

あまりにも完璧な第三者の登場に、何か裏があるのではないかと思ったが、そんなことなく受けを精神面からも身体面からも癒す第三者。

このまま、同じ嗜好のひとと幸せを掴んだ方がいいのでは…と思うほど、いい人だった。それなのに…、それなのに、受けがグズグズグズグズ…。
はっきり云って、鬱陶しい。
しかもまあ、そんな受けの様子をみて、とても優良物件だと思われる第三者は自ら身を引くのだよねえ〜。
正直、読者の7割は、もうこの第三者である竹本の方がいいんじゃない?と思っているのに、まあ、これまた修羅ばることもなく、スマートに消えるわけで…。
で、受けは私の希望の失ったことで竹本の愛に気が付くこともなく、一度は逃げたくせになんやかんや云ってきた上司とめでたしめでたし…。
まあ、おめでとさん(投げやり)という気分である。

とまあ、途中までは健気な受けのしっとりした話と思っていたが、竹本という出来た人間の登場により、主人公2人の薄っぺらさに文句を云いたくなる作品でありました。

どうやら、遠野さんの考えるBLにおいての健気な受けと私の求める健気な受けは違うようだ。
『情熱シリーズ』とかならいいのだが、この作品とか『夢のつづき』とかの受けって健気ってみせといて、自分で何も行動しない受け身の人なんだよねえ〜。
今回も見てるだけでいいといいながら、ちゃっかり上司と親しくなったりして…。
当て馬の肉食女子はちょっと行き過ぎだが、この受けが女性だったら、同性に嫌われそう。
こういうタイプって、私は苦手なんでねえ。
その昔、周りに人気があった少女マンガの主人公を思い出した。
私はその作品が大嫌いだったんでねえ〜。
どうも、乙女心が欠けているようだ。

こんな文句ばかりの感想をあげたのは、この一言が云いたかったから…。

竹本救済作品をよろしくお願いします!!

2011.11.21 Monday 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「リナリアのナミダ―マワレ―」著者:崎谷はるひ イラスト:ねこ田米蔵 | main | 「甘い水」著者:かわい有美子 イラスト:北上れん >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:57 | - | - |