<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「巫女姫の結末」著者:神楽日夏 イラスト:佐々成美

��初ノベルスの新人さんだから、どうなのかな〜と思ったのですが、あらすじと佐々成美さんのイラストに惹かれて購入。
初めての作家さんって買うのドキドキしますよね。

巫女姫の結末
巫女姫の結末
神楽 日夏

【あらすじ】
宗教団体の巫女姫として生きてきた少年・雪緒。教祖の父が死んで、信者が戸惑う中。教団の後始末をつけて、雪緒を妻に迎える、という男が現れ!?

この作品のあらすじを読んだ時、攻は強引な俺様キャラなんだろうと思っていました。
だって、こういう花嫁ものって、攻は金持ちだけど、受の家柄が欲しいため政略結婚するが〜とかいうパターンが多いじゃないですか?
父親の望みだからとかいうけど、きっと跡取り争いをしている異母兄を出し抜くため、嫁に貰おうとしているのよ。
…と思っていたのですが、読み進めると…。
えっ、なんかイイひと!?
いや、そんなことあるはずないよ…。
あれっ、妾腹の兄たちをちゃんと立ててるよ。社員にも慕われているし、捨てられた犬を拾って飼っているよ…。

というわけで、私の予想に反して、とてもイイひとな攻でした。
本当に受に一目惚れしたようです。
実は男だったのに、かまわないのか?かまわなすぎでは!?
しかも、暴走する教団の元信者を自分の会社に入れたり…。
いいのか?警備会社がそういう人材を入れて?信用問題にかかわらないか?
そんな私の心配は関係ないらしい。
そんなわけで、俺様な攻が純粋な受に癒される話かと思っていたら、とても器のでかいイイ男が狭い世界にとじ込められていたお姫さまを外の世界へと連れ出す話でした。
おとぎ話ですね。

う〜、予想と全然違っていたせいですが、おとなしい話だなあというのが感想。
今後もこういう優しいお話路線でいかれるのかしら?
新人さんですから、今後期待してみましょう。
2007.02.01 Thursday 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「夢は本当の恋になる」著者:渡海奈穂 イラスト:高階佑 | main | 「トッキュー!!」原作:小森陽一 漫画:久保ミツロウ(週刊少年マガジン9号) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 20:29 | - | - |