<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「たとえばこんな恋のはじまり」著者:小林典雅 イラスト:秋葉東子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
恋人には振られ、仕事では顧客にからまれ、何もかもうまくいかず落ち込んでいた汐夜(ゆうや)は、柄にもなく夜のバッティングセンターで酔い潰れ、セミナー講師の海藤(かいどう)に介抱される。ものすごく迷惑をかけたはずなのにものすごく優しくしてくれる彼の言葉が奇妙に心地よく、頻繁にプチ癒し会と称して集まる仲になるけれど……? 『癒し攻』が疲れたあなたの心も癒します♡ 介抱ナンパから始まるラブストーリー!!

小林典雅さんの新刊。
典雅さん憧れのディアプラスらしい。
う〜む…。
ルビーあたりから典雅さんの作品が出たら驚くけど、ディアプラスはありかな?
いや、ルビーよりもエロが売りのレーベルから出たら、もっと驚くかも。



web拍手 by FC2


あのセミナー会社は一体どれだけホモがいるのか…?
あっ、トップ自らだっけ?

ハッキリと繋がりを書いている箇所はないけれど、攻めの勤めている会社は「モテ講座」なんかもやっているらしいから、こちらの会社ですよね…。
それとも、小林典雅作品ではモテ講座をやっている会社は珍しくないのか?

今回の作品はそのモテ講座が講義八割ラブ二割になってしまったので、配分を逆にしてリベンジをはかろうとしたらしいですが…
全然配分変わっていない印象が…。
むしろ前回よりも講義の部分に共感が…。
だって、男性が女性にモテるための講義は己には然程関係ないけれど、人間関係のストレスとかに関しては、己にも関わりがあるというか〜。
そうか、そうか…とか思って読んでいたために、ラブに対しての共感が薄かったというか〜。
なんか、ポイントがラブでなかったのだよね〜。
あと、いつもの典雅作品よりもおとなしかったというか。
クスクス程度の笑いで、お腹がよじれるほどの爆笑はなかったかなあ〜。
どちらかというと、書き下ろしリンク作の方がキャラがたっていたな。

まあ、楽しく読め、なおかつ講義に得した気分。
雑誌掲載時は本当にそうだそうだと思って読んだよ。
文庫化に対してはそこまではなかったが…。
二度目だからなのかもしれないが、実はとっても相性の悪かった上司が退職することになったからさあ〜。
人間関係のストレスが軽減したのだ。
そうでなかったら、こういうセミナーをやっている会社を探したくなるところでした。

しかし、介抱ナンパから始まるラブ…。
ディアプラスでは初ですか?
2011.12.16 Friday 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「理系の恋文教室」著者:海野幸 イラスト:草間さかえ | main | 「不埓なインセンティブ」著者:崎谷はるひ イラスト:タカツキノボル >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:52 | - | - |