<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「エデン」著者:宮本佳野

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
テロ対策特別班・公安0課に所属する新米警察官・浅岡信乃は密かに想いを寄せる上司の高野と身体の関係を続けていた。その一方で極左組織リーダー・羽生に激しく執着され、命を狙われている。暴力の予感と孤独に揺らぐ信乃には高野の存在だけが全てで…。
そしてついに決行される、羽生の警視庁自爆テロ。壊滅寸前の公安0課の命運は!? 信乃、高野、そしてシキ…それぞれの選び取る未来は――…!?

悲劇の時代と人は言う。それでも僕らは、愛し合わずにはいられないんだ。
男たちの切なくも激しい愛憎を描いた「コーリング」シリーズ、堂々完結!

シリーズ最終巻。
最初の巻を読んだ時はこんなに続くとは思わなかった…。


web拍手 by FC2


所謂『諜報もの』というジャンルが好きです。
別にBLとは関係なく、そういうサスペンスもの。
駆け引き云々とか緊迫感のあるストーリーが大好きです。

で、このシリーズもそういう雰囲気があるので、好きでした。
好きなんです…。
好きなはずなんだけど…。
発売からしばらくたって冷静に読んでみたら、正直な話「なんちゃって諜報もの」だようなあ〜とか思ったり。
主人公が新米警察官だからだろうか…?
その主人公視点だからだろうか…?
あくまでも『BL』
『BL』の主題は『L』だということか…。
一所懸命ひとりで頑張ろうとする信乃なんだけど、どうしてもTJに寄りかかろうとしてしまう…。
いや、恋愛体質の同僚よりはふらつきながらもひとりで頑張ろうとする姿勢は健気で応援したくなるけど…。
そういう健気なところにTJは放っておけなかったのだろうけど…。
警察の建物が狙われるということは『コーリング』を読んでいたらわかることだった。
しかし、正直なところテロリストの真意はわからなかった…。
いろいろと謎なままで終わったシリーズだったような…。

あくまでも『BL』
諜報ものを期待した方がいけないのだと思う…。
新人さんがテロリストとの駆け引きとか出来るわけないものなあ〜。
仕方ない。
あくまでも信乃くんの成長物語?
成長しているのかもよくわからないが…。
まあ、諜報ものの世界観を期待して読んでいる方が少数派だろう…。

でも、宮本さんが五條瑛さんの小説をマンガ化とかしたら、大興奮しそうだ。
まあ、BLとしては珍しいハードな世界の話でした。
例え雰囲気だけだとしてもこういう世界観の話は大好きなので、楽しんで読めたのは事実である。

2011.12.26 Monday 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< アド街 | main | 「花は咲くか」3巻 著者:日高ショーコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:36 | - | - |