<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「くちびるから愛をきざもう」著者:崎谷はるひ イラスト:神葉理世

働き者崎谷さんの新刊。
なんやかんや云いながら、新刊買っているよな〜。私…

くちびるから愛をきざもう
くちびるから愛をきざもう
崎谷 はるひ

【あらすじ】
身に覚えのない女の子から、妊娠したといきなり告げられ、高額な金を要求されてしまった見習いシェフ兼貧乏学生の吾川京也。ショックのあまり高校時代から食事の面倒をみてやっていた、友人の浅葱純大の家に駆け込むが、話を聞くなり激昂した彼に、強姦まがいに抱かれてしまう。翌日、うなだれる純大を「二度と会わない」と突き放し、女の子から要求された金を確保するため、バイトに明け暮れる日々を始めるのだが―。

拍手する

この作品は、本当だったら『黒ラキ』で出る作品だったようです。
しかし、読んだ感想は今回、崎谷さんにしてはそんなにエロくないな〜と云うものでした…。(後に読み返したら、充分エロかったのですが、第一印象は今回そこまでじゃないな〜でした。)
改稿しているとはいえ、あの『黒ラキ』に対してその感想…。
といっても私、黒ラキの崎谷作品読んでいないや〜。番外編の同人誌は読んでいるけどさ〜。
まあ、ここ最近の崎谷作品が別に黒ラキでなくてもエロかったと云うことでは〜。
今回もやってることは濃厚だし、そういうシーンに結構な枚数をさいているのですが、あまりエロすぎ〜と思わなかったです。
あくまでも、崎谷作品としてはだけどね。
多分、今回の受くんが乙女度数の低い方だったからかと〜。
ここ最近の快楽に弱く、攻の云うがままに卑猥なことを云う受ではなかったからだろうな〜と思っております。

しかし、今回の作品、あの作品を彷佛させられた。
BL小説の草分け的存在である『幼馴染み』を!!
格下と思っていた男がとんでもなくイイ男に成長し、それでも自分が優位と思っていたのに、女と付き合っていると誤解されて強姦されてしまう〜。
現在、『幼馴染み』が手元にないけど、確かあれもこういう展開でしたよね〜。
別に、このパターンはBLの黄金パターンといっていいほどなので、他にもこういう作品あるでしょうけどね〜。
でも、ここまで彷佛させられた作品は初めてだわ。
好きだって云うことを免罪符代わりにする攻だったからかな〜。
『幼馴染み』の攻もそういうイメージなんですが…。
2007.02.02 Friday 22:16 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 「トッキュー!!」原作:小森陽一 漫画:久保ミツロウ(週刊少年マガジン9号) | main | 「王子の方舟」著者:円陣闇丸 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:16 | - | - | 
にゃんこ (2007/02/05 11:54 AM)
はーこさん、再びこんにちは。

『幼馴染み』、私も思い出してました!
昔は自分より小さくて守っていた相手が、成長して自分より大きくなってしまったけど、上下関係は変わらない。で、そんな子分的な存在だった相手は、好きな気持ちが抑えきれずに襲っちゃう…ってそのまんまじゃん!と突っ込みながら読んでました(笑)
まあ、BL的には王道な展開だから似てて当然なんでしょうけど。
違うのは、受が襲われた後も強かったって事でしょうか。
さすが餌付けしてただけのことはありますね(笑)

『幼馴染み』ネタに思わず食いつき、コメントさせていただきました〜。
明日感想を上げる予定なので、後日TBさせて頂きます。
それではまた!
はーこ (2007/02/05 10:08 PM)
にゃんこさん、再びこんばんは(笑)

にゃんこさんも『幼馴染み』と似ていると思ったのですね!!
この展開はまさにあの作品ですよね〜。
あの作品って、初出は相当昔ですから、影響力が多いのでしょうか〜?
もう王道な展開ですからね。

にゃんこさんの感想が楽しみです♪









くちびるから愛をきざもう
くちびるから愛をきざもう崎谷 はるひ 角川書店 2007-01売り上げランキング : 193Amazonで詳しく見る by G-Tools 崎谷先生、毎月新刊が出てますねー。 といっても昔の作品が元になってる場合が多いですが。 これも元はラ
| にゃんこのBL徒然日記 | 2007/02/06 10:30 AM |