<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「black or white 兎オトコ虎オトコ 番外編」第2話 著者:本間アキラ(moca vol.8掲載)

---
心交社
¥ 950
(2011-11-30)

JUGEMテーマ:読書

【ラインナップ】
カジュアルBOY’Sアンソロジー

COMICS:
青井 陽「もちもちぽよぽよ」
亜樹良のりかず「spicy&sugary」
あじみね朔生「beauty&beast」
カシオ「思春期のおわり」
和稀そうと「イージーストローク」
加東セツコ「思案の外」
砂河深紅「寡黙な珈琲 臆病な胡桃」
名取いさと「つないだ両手がはなれたら」
本間アキラ「兎オトコ虎オトコ」
松尾マアタ「明日の窓をあけて」
元ハルヒラ「逃げ道はこちら」

プチ特集『方言』
青色イリコ「いつか帰る日」
小嶋ララ子「きみにうつる星」
神崎貴至「蜜色男子社員寮」
山田2丁目「期待はずれなあなた」

PIN-UP:ハコモチ

また更新に間が空きました。
一昨日、何気なく椅子から立ち上がったら腰に違和感が…。
なんか軽いぎっくり腰になったようです…。
以前なったときは、それこそ立つこともできないものでしたが、今回は椅子から立ち上がり歩き出したら、腰に痛みがあるけれど、歩き続けたら大丈夫っていう程度のものだったけど、酷くなったら困るので、この2日間、安静第一ということで早々に寝ていました…。
まあ、今月あんまり感想を書こうと思う作品に出会っていないっていうのが大きいのだけどさあ〜。


web拍手 by FC2


さて、アクセス解析を見ると「兎オトコ虎オトコ」という検索ワードでやってきた方がちらほらいらっしゃるようで…。
ありがとうございます。
で、遅ればせながら番外編の第二話の感想であります…。
いや、やっと読めたのでね…。

って、『moca』の8号って11月末(福岡だと12月初め)に発売されていたじゃない?と云われそうですが、私が読んだのは携帯配信であります。
「電子書店パピレス」さんから配信されたものを読みました。

携帯配信の電子書籍。
小説は時々読みますが、マンガの方はほとんど利用しておりません。
特別版とかで電子書籍のみのは別だけど…。
やっぱり、画面は小さいし、1コマ1コマだとページ全体のコマ割りはわからないし〜。マンガ読みとしてはイマイチなじめない…。
それなのに、なぜこれは電子書籍版で読んだのか?しかも発売から2ヶ月も遅れて…。

理由は安いから!!
こちらの電子書籍版は作品ごとのバラ売りもしているのですよ。
今回の『兎オトコ虎オトコ』だけですと63円であります。
ちなみに書籍版は1冊950円…。
大体63円から126円で売られているようです。
1冊全部くまなく読むのなら書籍版の方が安いのだが、気に入った作品だけでいいなら電子書籍版の方は安上がりなわけだよ〜。まあ、読める期限はあったりするのだが。
どうせ、コミックが出たら買うから、コマ割り云々はそのときでいいや〜ってことで。

電子書籍は割高なものもあるけれど、上手く利用すればお得なこともあるかなあ〜。
たとえば、ビーボーイコミック。
パピレスさんで電子書籍版をダウンロードしようとしたら、紙媒体と値段がかわらないのですが、リブレさんのサイトである「b-boyブックス」でダウンロードする場合はバラ売りしております。1冊のコミックが15分割くらいされていて、1つ40ポイント(42円)。
全部読むのならコミック1冊分で変わらないのだが、こちらはバラ売り。
雑誌で本編は既に読んでいて、コミックを買うほどではないけれど、描き下ろしが気になる…って作品だったら、そこだけ買えばいいってわけ。
読んでいないところだけダウンロードというのもありなわけ。
そうやって、うまく活用するしかないかなあ〜って感じです。
小説版は分割されていないけどね…。
で、だいたいが割高。
以前、検証してみたが、多分、今もそう変わらない。
レーベルも増えたから、改めて再検証しようかと思うが、ルビーとか800Pとかだから、高いよなあ…。
テレビのニュースでは印刷をしないで済むから無駄がなく電子書籍はお得とかいってるのに、何故?
BLの世界では通用しないのか?
それともマスコミが電子書籍を流行らせようと大げさなことをいっているのか…。
はっきり云って、もっと安くなっていいと思うけどね〜。


とまあ、電子書籍の話は置いといて、この作品の感想。

この調子で行くと、3巻がでるのはいつのことだろう…。
今回は完全に野浪さんの過去話でした。
彼が何故ヤクザになったか…。
まだ導入だけどね。

ただ、複雑な家庭環境で、東大でたもののヤクザになるのもわからないでもないようだったり、彼の背中の彫り物が何故「虎」なのかも、こういうことだったのか〜っていう話でした。
で、入院先の隣のベッドの方が…ってまあ、予想も出来ます。
予想は出来るのだが、完結はいつだろう…。
このアンソロ季刊だから3ヶ月おき。3ヶ月で8〜10ページずつ進行?
先は長いや…。
で、やっぱり次も電子書籍版を購入すると思うので、4月末ですかねえ〜。
まあ、ゆっくり構えるしかないね。

ちなみにショコラ関係の電子書籍はコチラを参考に。
パピレスさん以外もあります。
他がバラ売り可なのか調べていないのでわかりませんが、興味があるかたは…。試し読みとかもできると思うから。
2012.01.26 Thursday 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< どうでも良い話 | main | 綾辻行人先生サイン会へ行く >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:43 | - | - |