<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「優しくて切ない」著者:名倉和希 イラスト:北沢きょう

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
智樹には遠距離恋愛をしている恋人がいる。その恋人・章吾は女の影を隠そうとはせず、智樹は自分が頑張るばかりの恋愛に疲れていた。連絡を減らし、会いに行く回数を減らし――智樹は章吾から離れることを決めて……。

ムービックスさんの新しいレーベルですか?
正直な話、こういうレーベルの名前を変えるのって効果あるのですか?
てこ入れしているとは思うけどね…。
でも、私あんまりレーベル気にしないけどね〜。
ああ、でも苦手のレーベルはあるから、そういうのを払拭する効果はあるのか?


web拍手 by FC2


久しぶりに攻めにも受けにもイライラする話を読みました。
私は傲慢すぎる攻めの話に特にいらつく傾向があるようです。
所詮フィクションとか頭の片隅ではわかっているつもりなのに、なんで、こんな性格の悪い奴に執着するんだ!!お前はアホなのか!?と怒りの矛先が受けにまで及ぶほどにプンプン怒りながら読んでいたりする。
大抵、そういう話は後々に攻めが改心したりします。
そういう攻めの改心ぶりを読みたいためにそういう話を好んでいる読者さんもいるようですが、私はどうやら今更改心したからって許されるって思っていやがるのかよ!!ふざけんなよ!!バカヤロー!!!!と怒りが継続するタイプらしいのです。
というわけで、こころの平安のためにもそういう傾向の作家さんの作品を読むのを避けるようになりました。
まあ、それでも経験値が高くなったのか、昔よりは平気になったのですけどね〜。
いや、単に学習能力がないのかもしれない…。
主に、義月さんの作品あたりで同じことを繰り返しているが…。

まあ、そういうわけで、今回の話、あらすじを読んだ限りは地雷作品であります。
しかも浮気相手が男でなく、女かよ!!
って、こういうのって、ゲイの人間からしたらどうなの?
浮気相手が男と女どっちが嫌なもの?

それは人それぞれ?
どちらにしろ攻めの章吾が下半身が緩い人でなし。
遠距離恋愛になったならともかく、そうでないときから、節操がない。
来るもの拒まずってことなんだろうけど。
彼にしたら、相手に恋人がいることはちゃんと伝えている。恋人はお前だと思っている…。
それが、誠実だと思っているようだ。
下半身と恋愛は別物なんだろう。
いっそのこと、オレはゲイでないから、お前との付き合いは遊びだ!と宣言している方がマシかもしれない。
それだったら、もっと早く三行半を突きつけれるから。
本命は自分だといっているということで、浮気を許してしまうって、ある意味、飼い殺しに合っているような気がするのよね〜。

実際、そういう不誠実な考えの人間もいるだろう。
でもさあ、そういう人間でも構わないなら、同じような考えの人間がいいだろうってことだよ。
他の人間と共有するのは嫌だけど、別れるのはもっと嫌。
ゲイというマイノリティな嗜好故にそういう後ろ向きな考えを持ってしまうのはわからないでもないが、読者としては共感出来ないよなあ〜。

で、何年もズルズルと関係を続け、とある事件を切っ掛けに別れを決断するが…。
う〜む、ハッピーエンドといえば、ハッピーエンドなのかもしれないけれど、あくまでも攻めの都合に合わせる受けにしか思えない。
相手の幸せが自分の幸せっていうタイプいるからな〜。
そういうタイプなんだろうな〜とか思わないでもないけれど、なんだか、読者としてはもっと攻めが打ちのめされることを願っていたので、スッとしないというか…。
もっと、攻めが泣いてすがるくらいの展開を…。
いや、十分すがっているのかもしれないのだけど、恋愛のイニシアチブが逆転するくらいのすがりっぷりを読みたかったのだよね〜。
どうも、私はほとぼり冷めたら、またこの攻めは懲りずに浮気するのではないかと心配だし、受けがまた浮気するようだったら、スッパリ攻めを捨ててくれるならいいのだが、結局、自分のところに戻ってくるのなら〜とか許しそうな気がしてならないのだよ。
いや、自分が本妻だからと浮気を許す度量があるならいいのだけど、イジイジ気にするのならさあ〜。
そういうドッシリした貫禄が生まれたならいいのだけどねえ…。
大体、タイトルの『優しくて〜』っていうのはなんだよ!!
もし、受けが攻めに対してそう思っているのなら、ちゃぶ台ひっくり返すぞ!!!

とまあ、フィクションの人間に対して、最初から最後まで、そして読後もモヤモヤさせられました。
それこそ、目の前にちゃぶ台があって、その向こうにコイツらがいたら、ふざけんな!!!!!!!とちゃぶ台ひっくり返すくらい、怒りながら読んでましたよ〜。

名倉さんって、結構いろいろな作風を書かれる作家さんなんだけど、個人的にはこういうのは…。
今後もオヤジ受けを書いてくださいよ…っていうのが本音であります。
2012.02.18 Saturday 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「イベリコ豚と恋と椿。」著者:SHOOWA | main | 「愛ある遺産相続のすすめ」著者:小川いら イラスト:陵クミコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 14:04 | - | - |