<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「きみの目をみつめて」著者;崎谷はるひ イラスト:織田涼歌

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
ひきこもり作家・神堂の急激な変化に恋人・香澄は心配で…!? 大人気「きみと手をつないで」の2年後を描く新作!


コレの続編。
正直云って、続くとは思わなかった。
最近、崎谷さんの作品ってシリーズものになっているのが多いけど、これはさあ期間もあいたってのもあるけれど、これ以上何があるの?
エロ?
っていうくらいな…。


web拍手 by FC2


前作の感想を読んでもらえばわかるけれど、正直云って、思い入れのない作品である。
受けの性格がねえ…。
男前な受けが好きなワタクシとしては、家庭環境とか性格とかあるのだろうけど、この人に依存しないと生活出来ないくせに人と接することもできない受けはねえ…。
まあ、はっきり云って、読んでいてイライラするのだ…。
高校生くらいならともかく、成人している人間がああだと…。
攻めくらいの世話焼きでないとねえ…。
割れ鍋に綴じ蓋といいますか〜。

ワタクシの周りにいるわけでないから、2人が世話焼き、世話焼かれ、身体の相性もバッチリなんならいいんだろう〜と…。
可もなく不可もなくというか、好みでない作品だったなあ〜と読んだあと、特に読み返すこともないというか…。
ある意味、キャラクターに怒りくるっている作品の方が印象に残っているってことなんだよ。

でもまあ、あまあまな話が好きな人には幸せな気分になる作品なのかもしれない。
だけど、続編が出るとは思わなかった。
作者のなかでは、続編を書きたくなるくらい思い入れがあったのだろうか…?

で、この作品だが、2年後の話。
出来上がったカップルに何が?
う〜む、受けは受けなりに相手のために成長しようと頑張ったりしているようで…。
すぐ、自分のキャパ超えてしまうけど…。

とりあえず、今回2人の仲を引っ掻き回した人間は2人?
ひとりは作家である受けの担当編集者ともうひとりは受けの作品が原作の映画に出演する俳優。
俳優は当て馬候補だったのかもしれないが、中途半端。
実は攻め目当てだったのかもしれないが、それなら押し倒すくらいのシーンとか欲しかったかも。
単に、ラブラブな主人公たちを見て、羨ましいなあ〜。自分もああいう相手欲しいなあ〜と、その2人の醸し出す幸せな雰囲気の仲間に入れて欲しくて、ちょっと2人の仲に割り込んできたというか〜。
結局、なんだったのかねえ?という感じであった。
で、もうひとりの担当編集者。
仕事熱心なのはわからないでもない。
過去に色々あったため、キャリアを再びつけるチャンスを逃すまいということで、暴走してしまったのだろうけど、なんていうか、世の働く女性のキャリアを邪魔するのは実は男性ではなく、女性だったり〜みたいなことを思わせる女性だったな。
例えば、自分の思う通りにことが進まなかったら、逆ギレヒステリー起こしたり、色々あったら、ちゃんと謝らず逃げてこれ見よがしに泣いていたり…。
正直、彼女の過去の話はどうでもいい。
その話によって、悪役にもなりきれなかったというか〜。

結局、ラブラブな2人の仲に起こった嵐でなく木枯らし程度の事件でしたってことかねえ〜。
結局、前作同様、私にとっては可もなく不可もない作品でした。
っていうか、最近の崎谷作品はイタいキャラが出てきて、いろいろと都合のいい展開を全部持ってきてくれる感じの話が多いなあ…。
説教くさいのとどちらがいいか?
2012.03.03 Saturday 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 読書メーター2012年2月 | main | そんな間違いをしたのは私だけ? >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 15:23 | - | - |