<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ダミー」著者:水壬楓子 イラスト:佐々木久美子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
警備対象の影武者を命ぜられた、人材派遣会社『エスコート』調査部の環。自分についたボディガードは大学時代の同級生で…。

昨日に引き続き、今日取り上げる本も「ボディーガード」ものであります。
このシリーズって、丁度1年前に前作がありました。
じゃあ、次も1年後かしら?


web拍手 by FC2


昨日取り上げた本は、ボディーガード同士の話でした。
ボディーガードというよりコンビもの?
他の職業でも成り立たないでもないかなあ〜。
あくまでも危険が伴う職業というのが前提だが、別に民間のボディーガードでなくても警察とか自衛隊とかでも成り立つのかな?
でも、あくまでも民間のボディーガード会社ということが行動に幅を来すというか〜。

この作品も、民間のボディーガード会社が舞台。
というか、この作品は「ボディーガードもの」というよりも「ボディーガード会社を舞台にしたBL」というのが正しい。
確かに、その会社に関係ある人間が主人公なのだが、会社のオーナーであって、ボディーガードを職とする人間じゃない人が主人公だったり。またその相手が政治家だったりとか…。
一番それが極端な組み合わせなんだが、とにかく、あくまでも「エスコート」というボディーガード部門もある会社に関わった人たちのシリーズ物なんだよね〜。

個人的には「ボディーガードもの」の王道路線はボディーガード×依頼人だと思う。
ボディーガード同士というのは男前な受けが大好きなワタクシには大変美味しいシチュエーションなのだが、あくまでも王道はボディーガードと依頼人という組み合わせだと思う。
守るものと守られるもの。
極限状態のなかで生まれる愛…。
って、それってストックホルム症候群になりかねない関係性のような〜。
まあいい!!
思い込みでもかかってしまえば愛なのだ。
先日急逝されたアメリカの歌姫が出演された映画のようなのが王道なのだよ!!

で、今回はその王道の「守るもの×守られるもの」だったりするのだよ。
しかし、しかしだよ…。
なぜかボディーガード会社に所属するのは守られるもの…、つまりは受けの方…。
で、守るものは似たような職業なのだが、民間のボディーガード会社のひとでなく、警察官。
SPだから、守ることが職務なんだけどさあ〜。

でも、なんていうか、イレギュラー作品。
それに、受け自身が危険な目にあっているというのとは、ちょっと違うような〜。
あくまでも「ダミー」
身代わり。
しかし、そういう危険があるとは思わなかったり…。

結局、この作品って、「ボディーガードもの」でなく「再会愛もの」だったわけですよね…。
「再会愛もの」好きだからいいけどさ。
それに、面白く読めたしねえ〜。
でも、イマイチ攻めの心境が分からなかった。
いや、実は両想いっていう展開になるのは予想出来るというか、そうでないと困るだろうとか思うのだけど、なんかそこらへんを思わせるものがなかったなあ〜。
突然、実はオレもお前のことを…
っていう展開に思えた。
まあ、受けの視点だったからね。
受けが気が付かず、ずっと逃げていたのだから、読者には突然に思えても仕方がないということだろう。

で、次回は榎本の話?
あんまり、ボディーガードものではなさそうだね…。
政治ものになりそうだ。
2012.03.06 Tuesday 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< そんな間違いをしたのは私だけ? | main | 「初恋のあとさき」著者:日高ショーコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:41 | - | - |