<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「初恋のあとさき」著者:日高ショーコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
仁科が打ち合わせに訪れたカフェは、学生時代の親友・美山がオーナーを務める店だった。 10年振りの再会を懐かしむ仁科とは対照的に、美山は自分を覚えていないかのように素っ気ない。確かに存在した“友情以上”の関係。切ない「初恋」だったあの頃にはもう戻れないのか──? 大幅加筆&描き下ろしを加えた待望の最新刊「嵐のあと」後日談『double line』も収録!

月曜日に2年に一度の薬価改定、診療報酬改定の告示があったため、連日昼休み返上、残業です。
さすがに疲れが溜まってきた…。
ということで、今日の感想は短め…。
いや、他のブロガーさんに比べたらいつも短いのだが…。
でもまあ、これは雑誌掲載時で感想書いているからね。
今日のは補足的なものというか〜。


web拍手 by FC2


というわけで、雑誌掲載時の感想は→第1話第2話第3話最終話

結構、加筆修正されていましたね。
最近の日高さんのコミックはその傾向が…。
『憂鬱な朝』は雑誌の方をあまり読んでいないから比べようがないが、『花は咲くか』は雑誌読んでいるから、こちらもかなり加筆修正されているなあと思っていた。
で、今回の作品は本当に加筆修正されていることが良かった。
最終話の感想で、あと1話欲しかったと述べているが、本当にそう思ったのだよ。
なんていうか、あっさり元鞘?
いや、元鞘でなく新たなる関係を築いていこうというものなのだろうが、もっと葛藤というものはないのか?
信じられないけれど、信じたいってことなのか?
不信感よりも初恋の思い出の方が勝ったのか!?
とまあ、ちょっと、唐突な感じだったのだよね〜。
しかし、今回の加筆分でそこらへんはフォロー。
別に何十ページにわたる加筆でなく、各話に数ページなものなのだが、それでも、その数ページでかなり違ったわ。
後日談も読めたしね。
ああ、やっぱりリバですか(笑)
美山は元々受けで初登場しているからね〜。
攻めの方が驚くけど、相手が仁科なら…。
というか、コイツらって、受け同士のような…(爆)

で、同時収録の『double line』。
コチラの作品の後日談です。
2年後の話らしい。
まあ、なんていうか色々揉めたりするのだが、それなりに上手くやっているようです。
きっとこれからも…。
岡田さんの天然っぷりに榊さんが振り回されるのでしょうけど…。

で、『シグナル』からリンクしていったこのシリーズも今回で最後らしい。
安東編でもあるのかと思ったけれどないらしい。
あとがきで全員集合。
智美って誰さ?と思ったが、田町の嫁で芦原の妹の人よね?
って、田町って誰さ?という人も多いような(笑)
中森さんの旦那を見てみたかったなあ〜。
しかし、これで最後ということは、眼鏡アンソロに掲載された榊さんと岡田さんのショートはコミックになる予定がないということ?
あと、花音の雑誌付録の小冊子に掲載されたショートも…。
って、先々月かなんかの花音にも小冊子あったよね…。
気になりながらも雑誌高いから買わなかった…。
バッグナンバー買わないと読めないということ?
多分2ページくらいだと思うのだが…。
う〜む、日高ショーコファンとしてはバックナンバーを手に入れてでも読む価値があるのでしょうか…!?

あれっ、感想短めにしようと思ったけれど、いつもと変わらない長さに…。
いつももっと長い感想を書けということだろうか…。
2012.03.07 Wednesday 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ダミー」著者:水壬楓子 イラスト:佐々木久美子 | main | 「リミッター」著者:モンデンアキコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:12 | - | - |