<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ファントムレター」著者:砂原糖子 イラスト:広乃香子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
恋人同士だった梢野と田倉。その2人の関係を、古い手紙でなぞる甥・治。再び田倉は梢野を抱くが、梢野は田倉を受け入れられず!?

大人たちの話だけ見れば、引き裂かれた恋人同士の再会愛というか、元鞘に戻らずウジウジした話といいますか…。
子ども編があることによって、新鮮な感じがしましたよ。


web拍手 by FC2

出版社のHPのあらすじをコピペしたけど、またまた間違いがありますね〜。
治は甥ではないよ。従兄弟の息子だよ。
まあ、些細なことかもしれないが…。
こういう、HPでのあらすじの間違いって今に始まったことでないからねえ〜。
バイトかなんかにさせているのかなあ…と思ってしまう。
っていうか、そう思うなら、そのままコピペするなよ!といわれそうだが、それはそれで大変だから間違っているなあ〜と思いながらコピペ。
多分、出版社もそうなのかもね。

で、出版社の内情を勝手に推察するのは置いといて、今回の作品。
まあ、メインカップルである大人たちは然程目新しいパターンではないが、そこへ本人たちの与り知らないところで彼らの恋を応援している人間が入るというのは目新しい。
その見守る第三者である治と双葉。
彼らはある意味、読者代表というものではないだろうか…。

こういう小説やマンガでの恋愛もの。
ホモだろうとホモでなかろうとハッピーエンドで終わったら、大抵の話は主人公2人はその後何年も、それこそ死が二人を分つ時まで幸せに暮らしたと読者を思いたいものだ。
しかし、現実問題はどうだろう。
結構な年になってからの恋ならともかく、学生時代の恋だったら…。
実際のところ、私の周りには学生時代の恋人とそのままゴールインした人間はいない。
確率的にはどんなものなのかねえ…。
実際問題、その恋を貫き通そうとしたら、本人たちだけの問題でなくなることもある。
今回の大人カップルである梢野と田倉もそう。
地方都市のさらに地方という閉鎖した空間だというだけでなく、同性同士という障害は2人がただ純粋にお互いを愛しく思うだけでは済まさなかったようです。
これに関しては都会だってそうだろう。
一度は駆け落ちを決意した二人…。
このまま幸せになって欲しいと二人の恋を応援しながら見守っていた人間としてはそう思うが、現実は難しい…。

一度は距離を置いた二人…。
そのまま、他の人と幸せになろうと思ったけれど…。
でも、それは無理な話で…。

結局はフィクションだからね〜ということなんだろうが、やっぱり読者としては、「二人は幸せになりましたとさ♪」でラストを締めくくって欲しい。
親の理解を得れるかはわからないが、何もできなかった高校生の頃とは違うのだから…。

そして、子どもカップルの治と双葉。
彼らには今後どのような困難が待っているのか…。
治の場合は気分屋とも思える父親のこともあるしなあ〜。
でも、こんな父親なら、それこそ高校生にでもなったら寮のある学校にでも行ってもいいのではないの?とか思ったり。
双葉のことはわからないけれど、とりあえず、先人がいる分、対策はできるのではないかなあ…。
とにかく、両方のカップルに幸あらんことを!!

ところで、今回の作品で一番気になったことはあとがき…。
「ばってん」という方言はどちらかというと熊本の方言なんじゃないんですか?
福岡で使っているとしたら大川とか…。まあ、南部の方。つまり熊本寄りの方。
大川出身の俳優・陣内孝則さんがよく「ばってん」とか使っていたから…。
で、この方とドラマで共演していた我が愛するT★KIOのドラムのひとがね、福岡コンのときにMCで「ばってん」とか使うのですよ…。
その度に友達と「それ大川弁だから」と突っ込んでいた…。
大川って、のだめのおかげで全国区になったと思うのですが、どうなんですか?

しかし、タイトルの「ファントムレター」…。訳したら「亡霊の手紙」ってところ?
私は青春の幻影…。
って感じ?
この言葉の意味わからない人はスルーしてください…。
2012.03.28 Wednesday 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「キッズログ」2巻 著者:葉芝真己 | main | 「ブロッサム・ピリオド」著者:嶋二 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:51 | - | - |