<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「Punch↑」著者:鹿乃しうこ(b-boy HONEY15掲載)

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
何をしてほしいんですか? あなたのお口ではっきり言ってくれないとわかりませんよ?

表紙:鹿乃しうこ 

鹿乃しうこ、ホームラン・拳、北野 仁、羽柴みず、ARUKU、竹中せい、北沢きょう、安曇もか、こだか和麻、零治イハ、真枝真弓、他豪華作家陣!


『Punch↑』の新作♪
しばらくはコミカルの短編が続くのかな〜。


web拍手 by FC2



アンソロに時々掲載の短編のためにシリアスでなくコミカルなものが続いてます。
そして、コミカルなだけに牧さんがどんどん残念なイケメンになっていってるような…。
浩太の愛は盲目フィルターでは「志青は本当はカッコイイひとなのに〜」というものらしいのだけど…。
いや、まあ、確かに忍くん相手の初登場ではそれなりにカッコつけてはいたけれど、まあ、それは表面だけというか…。
いや、それとはちょっと違うかな。
浩太以外に対しては、牧さんは恋愛そのものにカッコつけていたというか〜。
でも、浩太に対してはなりふり構わずというか。
それこそ「ただの恋するオッサン」になるし、浩太は浩太で、たまにはカッコイイところを見たいと思いながらも、牧さんのどんな姿を見ても許してしまう…。
っていうか、許すというよりも、「何をしても志青はカッコイイ…」とまあ、本当にラブラブフィルターがかかっているからなあ〜。
端から見て、どうなのよ?
フィルターかかっているよと思うけれど、本人たちがそれを気にしてないというか気が付いてない…。
まあ、バカップルというのはそういうものだな。
今回もご馳走さまといいたくなる話でした。
でも、最後の最後で浩太の拳がとぶところがこのシリーズのお約束ですなあ〜。

ところで、『b-boy』のアンソロジーですが、『HONEY』シリーズは今回でラストらしいですね…。
次は『キチク』だそうで…。
う〜む、過激度アップ?
個人的には『Punch↑』シリーズは甘々なのがいいから、そのシリーズでは出さないで欲しいなあ〜。
まあ、掲載されるかどうかはわかりませんが…。

2012.03.31 Saturday 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ブロッサム・ピリオド」著者:嶋二 | main | 読書メーター2012年3月 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 11:14 | - | - |